2018年11月14日

あと1ヶ月半ってマ?

こんにちは。副指揮者のけんじです。
身の回りには綺麗な紅葉がたくさん見えています。この間今年度初めての鍋をしました。やっぱり寒くなってきた時のあたたかいものっていいなと思います。この時分は何かと心も感傷的になりがちなのでね。

さて、秋合宿から早くも1週間が経ちました。思ってみれば一瞬だった4泊5日でしたが、綿密に組んだスケジュールを組み一人一人集中して取り組んだから、その日々の中で得たものは確かに大きいものです。阪吹は春・夏・秋に合宿に行きますが、僕は秋合宿が一番好きです。理由はよくわからないですが、多分音楽と一番真正面から向き合えるからです。本番が2ヶ月後に控えてることになりますからね。みんなと楽譜を読んでここはああだこうだと考えたり、みんなが楽器を通して伝えようとしていることが一番わかるのが秋合宿なのかなと思います。しかしながら、秋合宿は一番辛い合宿でもあります、僕もたくさん辛いことがありました。ここが吹けない、ここが合わない、ここが振れない、などなど、他の団員もそういうところがたくさんあったのではないでしょうか。でも、合宿後から本番までの間で、みんなで切磋琢磨してこれらを乗り越えていくからこそ、阪吹の絆は深まっていくんじゃないかと思います。僕自身も、ただ純粋によりよい演奏を求めてこれから12/27の定演まで頑張っていこうと思うばかりです。



3回生の先輩方、みなさんにとっては秋合宿が最後の合宿となりましたね。2回生の僕としても、先輩にすがっていられる合宿はこれが最後だったわけで、次の合宿までにもっとたくましくならなければという思いに駆られています。2年半の阪吹生活は長かったですか、短かったですか?そんな生活もあと1ヶ月半で終わってしまいます。僕は3回生と一緒に阪吹生活を送れるのがあと1ヶ月半しかないと思うと涙が出てきます。本当に寂しいです。今はただただ、先輩という存在がいる環境で音楽ができることが嬉しいです。だから、本番まで残りわずかのこの時間ひとときひとときを噛み締めて、大切に過ごしていきたいと思います。残り1ヶ月半、ぜひ、今までの吹奏楽人生で培ったものをあなた方のことを慕っている後輩たちに受け継いであげてください。
1・2回生のみなさん。きっと先輩に対する思いは強いでしょう。個性が強い先輩、楽器が上手な先輩、かわいい/かっこいい先輩、、、そんな先輩たちと一緒に阪吹生活を送れるのもあと1ヶ月半です。あんなこと教えてもらったりこんなこと教えてもらったりしたと思いますが、残りわずかの期間も、先輩から吸収し尽くし得る限りを吸収しましょう。大好きな先輩たちと阪吹でできる最後の演奏会、絶対成功させましょう!そして、「来年のことはなにも気にしないで大丈夫ですよ」と言えるようになりたいですね。僕はそう思っています。


合宿後数週間はこんな感じでセンチメンタルになる副指揮者です。
合宿が終わり、次のイベントであるプレコン(OB向けのリハーサル)に向けて僕たちは日々の練習に励んでいます。こうやって定期的に目標を立てやすいイベントがあるのってとてもいいですよね、みんなの練習過程の指標になります。
もちろん最終的な目標は12/27の定期演奏会。一年の集大成をこの日お客様にぶつけます。阪吹にしかできない演奏を目指してこれからも団員一同真摯に取り組んでまいります。

副指揮者KENJI 卍

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 15:38 | Comment(0) | 副指揮者

2018年11月11日

フレンチトースト作りました。

こんばんは、正指揮者のYZOです。

11月11日、ポッキーの日ということで、何とか喫茶店のようなフレンチトーストが再現できないかと悪戦苦闘していました。できませんでした。フレンチトーストの日じゃなかったからだと思います。

今日はフレンチトーストを作りながら先の秋合宿のことを思い出していました。最初の工程は卵を溶き、砂糖などで味をつけてパンを浸すための液を作るところですね。

大阪大学吹奏楽団は毎年11月初頭の連休を利用して秋合宿を行います。8月下旬から練習を始めた、次の定期演奏会の曲をぐっとレベルアップするための合宿です。それと同時に忙しい日常から離れて、自分自身や音楽とゆっくり向き合うことができる時間でもあります。今回は個人やパート単位で練習する時間を多く設けるというコンセプトでした。ただ時間割通りに合奏に参加するのではなく、時間をどう使うかを自分で考えて実行する、ということが必要だったので団員の皆さんも大変だったと思います。パートリーダーさんを中心に計画を立て、空いた時間を利用してペアで練習して、と様々な場所で工夫が見られて皆よく考えているなと感じました。

―いやあ、皆頑張ったよなあ…しみじみ…そんな想いに浸っていると、パンもいい具合に液に浸っていました。
この浸す時間も仕上がりにおいて結構重要なのです。

合宿が終わる度に、特に毎年秋合宿の後に思うことがあります。充実したものにできたかな…。あそこはもっとこうできたんじゃないかな…。と。練習もちゃんとやって頑張った成果として結果も出ているのに。秋合宿頑張ろう!と意気込んでいた人ほどそう思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

この感情の由来は、自分たちの伸びしろへの期待にあると思います。他の合宿では、まだ曲に関して右も左もわからずどこを目指せばいいのかも分からない状態であるのに対し、秋合宿の時期は全体も個人もどの方向に向くかが定まってきてその階段を上りつつある頃です。自分の限界は、自分がたどり着いたことがない故に見えないものです。ある地点に到達すれば次の数段が表れてしまうのですから。どんなに練習してもどんなに演奏がよくなってもより理想的なものが頭にある故に、「よし、満足」とはならないのだと思います。

―そんなことを考えていると、フレンチトーストの第一陣が焼きあがりました。味見をしたところ…全然駄目ですね。砂糖が少ないしバニラの効きも悪いです。第二陣はもう少し変えてみよう…

少し憂鬱な気持ちになっていましたが、先に述べたように、本質はポジティブな心理なのではないかと思います。目標があって、道があって、進んではいる。進んでもまだまだ満足できないからもっと進みたくなる。そもそも目標がない人はこういった心理にはなりませんものね。悩んでいる時点で既にすごい。頑張っていて自分の伸びしろを感じているからこその必然な感情だと思います。

しんどいことに、その時々の振る舞いがベストだったかはすべてが終わってからしかわかりません。だったら自信を持って後から自分で丸を付けてあげられるように、前へ、上へと進んでいきたいと思うのです。

そう考えると、贅沢な悩みです。

―さて、本日最終版のフレンチトーストが焼きあがりました。食べました…が。うーんさっきよりは美味しいけど違いますね。全然お店の味にはおよびません。何が違うんだろう…またお手本ってことで食べに行きましょうかね…。

僕が目指しているフレンチトーストはこちら↓
125417.jpg
梅田をはじめ複数店舗のあるSarabeth'sのフレンチトーストです。もうほんとこれが美味しいのです。僕の目標です。

こんなことができるのも贅沢ですよね。

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:27 | Comment(0) | 指揮者

2018年10月22日

寒くなってきましたね…

こんばんは、団長のポムポムパパです。
10月ももう下旬…だんだんと肌寒くなってきましたね〜。
朝起きるとお布団から出たくなくなってくる季節です。1限でも遅刻はしてませんよ、もちろん、はい。

ついこの間、「夏合宿が終わったなぁ…、楽しかったなぁ、アンサンブルもっとやりたいなぁ」なんて思っていたのですが、あと10日もしたら、なんと秋合宿に行くことになっていました!お財布がすっからかんですよ、もう…。

お財布といえば、去年の今頃を思い出します。実は誕生日の夜、最寄駅でお財布を無くしてしまったんですね…。本当に焦りましたね…、忘れられない20歳の誕生日となりました…。

さ、さて、そんなことはさておき、もうすぐ秋合宿です!
団員たちにとっては自分の課題をクリアして、さらに成長することの非常に大切な時間となります。
今の演奏がさらに1段階…とは言わず10段階以上にステップアップすることを楽しみにしながら、俺もそのためにすべきこと、サポート出来ることを全力でやっていきますよ!

現1回生の中から次期副指揮者が選ばれる合宿でもあります。
正直、頼り甲斐のありすぎる後輩たちです。今から来年が楽しみです。

定期演奏会は、そんな後輩たちとの最後の本番です(さ、さみしい…)。
お客様に「今年の阪吹は今までで1番最高だった!」と言っていただけるように、団員一同これからも頑張っていきます!

是非、お越しください!お楽しみに!


団長 ポムポムパパ


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:08 | Comment(0) | 楽団長