2019年03月18日

好きこそものの上手なれ

はじめまして。木管セクションリーダーの川上ひなたです♪ 阪吹内のあだ名は「あうる」です。
軽く自己紹介をば。
長崎県出身です、美味しいものと映えなスポットが沢山あります、キテネ
楽器は中学からずっとバスクラリネットというクラリネットのでかい版を担当しています。え?バスクラリネット?\ナニソレ/  わたしも吹奏楽部に入るまではバスクラリネットのことを一切知りませんでした。担当の楽器を決める前の楽器紹介で色んな楽器の演奏を見たのですが、その中でバスクラリネットが出てきた時にビビビッて自分の中で電流が走ったような記憶があります。もともとクラリネットの音が好きだったのですが、クラリネットよりダークで深みのあるバスクラリネットの音色に惹かれました。そしてわたしはバスクラリネットを希望欄に書くという世にも珍しいことをしました。最初はチェロのクラリネット版みたいなイメージでしたが想像よりも地味な扱いの楽器でした(笑)でも奥深くて色んな音が出せるバスクラリネットがわたしはとっても大好きです。う〜ん、自己紹介ではなくバスクラリネット愛を語る時間になってしまいましたね。ちなみにわたしのバスクラリネットの名前はゆめつくしさんです、以後お見知り置きを(忘れてください)
みなさんは自分の楽器のこと好きですか?きっと大好きだと思います。楽器をはじめたときの新鮮な気持ち、自分の楽器が大好きっていう気持ちに一度返ってみてはいかがでしょうか。

さて、新入生へ向けた阪吹紹介第2弾\ぱ〜ん/°˖✧
前回は阪吹のメイン演奏会であるサマーコンサートと定期演奏会をご紹介いたしました。今回は阪神国公立大学吹奏楽連盟の合同演奏会について紹介します。阪吹は阪神国公立大学吹奏楽連盟という秘密結社に入っています。この連盟には阪吹のほかに、大阪府立大学、大阪市立大学、大阪教育大学、神戸薬科大学、奈良教育大学が所属しています。これらの大学が合同で1つの演奏会を作り上げます。それが合同演奏会です。この演奏会は2部構成となっており、1部で各大学ごとで演奏を披露したのち、2部では大学の垣根を超えて合同で曲を演奏します。特に2部の合同ステージでは異なる環境下にある大学生同士が合同合宿や4〜6月の日曜日にある練習を通して様々な刺激を受けあいながら切磋琢磨し1つの演奏を作り上げます。学外に友人の輪を広げることができるのもこの連盟の良いところです◎
↓合同合宿の様子
S__163446787.jpg
連盟では合同演奏会のほかに参加自由のスポーツ大会、アンサンブル大会を行なっています。阪吹に入ったら是非これらの行事にも参加してみてくださいね♫
↓合同演奏会のチラシ
9536460685092.jpg

ではそろそろ次の方にバトンタッチしたいと思います!次は白目が上手な金管セクションリーダーです〜☆彡

【セクション・リーダーの最新記事】
posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:12 | Comment(0) | セクション・リーダー

新入生の皆さんへ

こんにちは!

阪大吹奏楽団の副団長をしています、森亮佑(たかもり りょうすけ)と申します。

まずは自己紹介を少し。出身は大阪。生まれも育ちも大阪の、生粋の大阪府民です。吹奏楽を始めたのは高校からで、中学ではラグビーをやってました

吹奏楽部では高1からバリサク一筋、ラグビーで鍛えた肺活量を武器に、重いバリサクを搔き鳴らしています。1年間、どうぞよろしくお願いします(^^)


さて、3/1115に、阪吹は春合宿に行ってきました。6月のサマーコンサートや、阪神国公立大学吹奏楽連盟合同演奏会(詳しくは後々説明します)に向けた練習、回生ごとの合奏、団内アンサンブル発表会、さらには次期幹部の決定などなど、盛りだくさんの45日でした。新2,3回生約80人で仲を深めることができ、新入生を迎える準備もできてきた、と感じます。


新入生と言えば、先日大阪大学の合格発表がありましたね。今年もおよそ3,000人の新入生が入学します。この中に吹奏楽経験者は何人いるのか、何人阪吹に入ってくれるのか、とっても楽しみです。


そこで、今回から数回に分けて、新入生の皆さんに向けて阪吹の紹介と、新歓行事などのご案内をしたいと思います。是非これを読んで、阪吹のことをよく知ってほしいと思います。そして、阪吹に興味を持っていただけたなら、他の新入生に阪吹のことを広めていただければ嬉しい限りです。


大阪大学吹奏楽団、通称阪吹(はんすい)は、大阪大学の公認サークルであり、阪大で唯一の吹奏楽団体です。

学年に約4050名の団員は阪大生に限らず、大阪府内や、時には府外の他の大学から練習に来ている団員もいます。団員のほとんどが吹奏楽経験者ですが、経験年数は人それぞれ。僕のように高校から始めた人でも十分活躍できます。一方で、大学に入って楽器を変えた人もいますし、全くの吹奏楽初心者も年に数人ですがいます。経験不足を練習量でカバーし、楽器を始めて12年とは分からないような腕前の団員もいます。


次に本番についてです。

阪吹単体での大きな本番は年に2回、6月のサマーコンサートと、12月の定期演奏会です。

サマーコンサートはシンフォニックステージとポップスステージに分かれており、それぞれに違う音色や吹き方を研究します。定期演奏会はシンフォニックステージのみの構成で、高校生ではなかなか挑戦できないような難曲も演奏します。3学年合計約130人という大人数で演奏できることも魅力の一つです。

他に学祭での演奏や、外部からの依頼演奏なども行っています。新入生に向けてのサークルオリエンテーションも、大事な本番のひとつです。全日本吹奏楽コンクールへの参加はこれまでしていません。


もう一つの大きな本番が、先ほども登場した、阪神国公立大学吹奏楽連盟の合同演奏会です。この演奏会や、阪神国公立大学吹奏楽連盟についての説明は、次の木管セクションリーダーさんにお任せしたいと思います。


では、新入生の皆さんに会える日を楽しみにしております。またお会いしましょう!!




posted by 大阪大学吹奏楽団 at 07:36 | Comment(0) | 副楽団長

2019年03月10日

ありがとうを伝えよう


こんばんは、副楽団長に就任しました河西映紀(かさいみつき)と申します。団内では"まさしくまさこ"と呼ばれています。


副団長って何をしているのか、とよく聞かれます。実は私も、副団長の仕事を一言で説明できるほど自らの仕事を理解しておりません。日々模索状態で、とりあえず議事録つけてみたり、幹部が仕事をしやすいよう資料をまとめて置いてみたり、誰も手を出さないアンケート集計をしてみたり……手当たり次第色々やってみています。



さて、そんな駆け出し副団長のまさこですが、2年生になってから気がついたことがあります。それは、"うちの団員すげーぞ"ってこと。


大阪大学吹奏楽団では、団の運営に係る仕事に対し、完全なる分業体制を敷いています。そのおかげで円滑に団の活動ができているのですが、その反面、各々の努力が見えにくくなっています。だからこそ、ふとした時に自分の楽器、楽譜から目を離して、周りを見渡してみて欲しいと思うのです。



放置されていたペットボトルが、いつのまにか処分されている。

知らないうちに、演奏会のポスターが校内に貼られている。

毎練習日、当然のように集会室が使えるようになっている。

今日の合奏の復習をしたいと思えば、すぐ届くところに録音と指揮者のフィードバックがある。

合奏に行けば椅子が並んでいて、指揮台一式揃っている。

気づけば次の演奏会のホールや次の合宿場、練習のホールがとってある。

知らないうちにトラックの入構申請がされていて、積み下ろしの手筈が整っている。



まだまだまだまだたくさんあります。ほんの小さなことから、大変な作業まで、全ての物事に誰か団員の手がかかっています。

目立った賛辞がなくとも、気づかれずとも、全員が各々の仕事を全うして団は回っています。

自分も忙しいと他人の忙しさには気がつきにくくなりますが、ぜひ見つけたら「ありがとう」を声に出して欲しいと思います。感謝で溢れる団体になるといいな。



今は何より、春合宿長さん、レギュラー企画係の皆さん、ありがとう!!

明日から5日間の春合宿を頑張りましょう!




(次回の記事はもう一人の副団長、高森くんです。お楽しみに。)


大阪大学吹奏楽団50 副団長

河西映紀(まさしくまさこ)



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:43 | Comment(0) | 副楽団長