2014年11月25日

あと1ヶ月!

銀杏橋をご覧のみなさま
こんにちは!木管セクションリーダーのランプです。
 更新が遅れて申し訳ありません>_<

先日のおりぜーの投稿でも触れられていましたが、私たち大阪大学吹奏楽団は、10月31日〜11月4日の間、秋合宿にいってきました!
 
10月31日朝、阪大では学園祭の準備が進むなか、わたしたちは8時に学校に集合し、みんなでバスにのり、いざハチ高原へ。
これから始まる4泊5日の合宿に、期待と不安を胸に抱き、合宿所に到着しました。
 
今年は、次期セクションリーダーによるお披露目基礎セクション練習からスタートしました。みんな新鮮な気持ちで合宿をスタートできたのではないかなと思います。去年自分が緊張でぷるぷるしながらお披露目してから一年たったのだなと思うと感慨深かったです。次期セクションリーダーの二人、おつかれさまでした!
 
そのあとは、合奏、パート練習、D練がつづきます。一日目の夜には、二日目に行われる次期副指揮者決めに備えた、立候補者による1・2回生の基礎合奏がおこなわれました。私は見に行けなかったのですが、元気な音が聞こえてきて、頼もしく思いました!
 
今回の合宿では、12月の定期演奏会で客演指揮をしてくださる先生と、バンドトレーナーの先生をお迎えして、練習しました。お二人の先生に合宿中ほぼすべての練習をみていただけるというとても恵まれた環境で、基礎練習について、曲について、音楽への向き合い方について、たくさんのことを学ばせていただきました。団員の集中力も一段とアップしていたのではないかなと思います。お二人の先生方、ありがとうございました。
 
そして二日目夜、ついに次期副指揮者が決定しました!次期正指揮者の丞相と一緒に来年の阪吹を支えてくれることを期待しています!これで次期幹部が全員そろったことになりますね(^o^)
 
なんだかこの調子で書いているとものすごい長さになりそうなので、まとめに入ります!
今回の秋合宿も、収穫の多い合宿でした。もっとも大きな収穫は、自分の音楽に対する向き合い方について考える機会を得たことです。なぜ音楽をしているのか、何のために練習しているのか、今一度自分の音楽への関わり方を見つめ直すことができました。そして、本番直前だからこそ忘れがちな、音楽を楽しむ気持ちを思い出すことができました。団員のみんなも音楽面、精神面で、かならず収穫、成長があったと思います。
 
24日にはアゼリアホールにてプレコンを行いました(プレコン…本番を想定したホールでの通し練習)。お越しくださった先生方、先輩方、ありがとうございました。本番と同じ流れで演奏することによって、音楽面、行動面での課題が見えてきたと思います。
それにしても、ホールで演奏するのは気持ちがいいですね!

定期演奏会まであと1ヶ月を切りました。これまでの練習で得たことを糧に、音楽ができるって楽しい!という気持ちを忘れず、よりよい音楽をつくっていきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 16:58 | Comment(0) | 木セク

2014年10月30日

秋合宿!いってきます!

銀杏橋をご覧の皆さま
ご無沙汰しております。金セクのおりぜーです。
朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね…。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
ちょびっと南国育ちの私にとって、秋冬の寒さは天敵です(><)はやく暖かいところに避寒したいです…。

気温の変化に伴ってか、団員のなかにも体調を崩している人がちらほら見受けられます。今のメンバーで演奏できる最後の機会である定期演奏会まであと50日ほど、みんなでゆるゆるしゃっきりと元気に練習していければいいなあと思います!

*********

さてさて、前回の副指揮者丞相くんの記事にもあった通り、阪吹は10月31日から11月4日の学祭休みを利用して、4泊5日の秋合宿をするためにハチ高原に向かいます!一足お先に山の上で冬を感じてきます!(さっき避寒したいとかいうてたばかりなのに!!笑)

夏合宿は定期演奏会に向けての練習に加え、レクリエーションあり、回生合奏あり、アンサンブル大会があり…とイベント盛りだくさんでしたが、秋合宿は朝9時から夜10時までみっちり練習予定が組まれており、練習三昧の合宿となっております…(/´△`\)ひょ!

そんな秋合宿に向けて、音楽系幹部は先週の木曜日から今週の火曜日にかけ練習後集合し、合宿中の予定やら、秋合宿中のD練(Division練習:曲において同じ動きをしているパートを集めての練習)の予定を決めていました!
毎年ハードと言われる秋合宿、今年はどうなるかな〜とかなり緊張していますが、その反面でちょっぴりわくわくしています(^^)みんなでいっぱい成長できたらいいなと思ってます!!

定期演奏会の曲目は少しずつ仕上がりつつありますし、全体のサウンドもかなりいい感じになってきていると思います!4月から積み重ねてきた練習の成果を実感できる機会が増えてきたように思います(^^)
色々なことができるようになってくると、また新たな課題が見えてきて、それを解決するために更に練習して…の繰り返しとなりますが、『できないできない〜、むつかしいむつかしい〜』って気持ちで一杯にならないように、できるようになったことをきちんと確認しながら前に前にぐんぐん進めていければいいなあと思います。私も金セクとして、定演までみんなの練習のサポートにつとめたいと思います(><)
まずは秋合宿、がんばります!いってきます!

それては、次は木セクのランプちゃんです!
よろしくお願いいたします(^^)


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 08:14 | Comment(1) | 金セク

2014年10月15日

定演まであと67日!


こんにちは。副指揮者の丞相です。
お久しぶりの方も多いかとは思います。
読み方覚えていただけましたか?(笑)
10月に入ってもう2週間が経ちますが、台風が二つも大阪を通過したり、急に冷え込んできたりと秋を感じることが何かと増えてきた気がします(わくわく)
個人的には夏のうだるような暑さよりも、冬のきんとした寒さの方が楽しめるのでこれからの季節がとても好きなのです。

さて、タイトルにも書きましたが冬がと一緒に近づいてくるのが阪吹の定期演奏会です!
今年の定期演奏会で僕はP.スパークの作品から「A Weeekend in NewYork」と「Dance Movements」の2曲を振らせていただきます。
せっかくなので少しだけ曲を紹介しちゃいます。

・A Weeekend in NewYork
タイトル通りスパークがニューヨークに旅行に来た時の印象を曲にしたものです。
早いパッセージの中に街のせわしなさなどが表現されていますが、一番僕が好きなのはジャズ調の音楽の中で夜のニューヨークが描かれているところですね。
吹奏楽曲ではあまり聴くことのない雰囲気を味わってもらえたらと思います。

・Dance Movements
この曲は4楽章からなる曲ですが、スパーク自身はこの曲で踊ることをあまり想定せず書いたそうです(笑)
それぞれの楽章に技巧的な部分が散りばめられてあり、演奏する側にもかなりのレベルが要求される曲になっています。
これからの練習の中でそういった難しいことを魅せれるような演奏がつくっていけたらと考えてます。

以上の2曲、なかなかハードな曲で大変ですが、頑張って練習していけたらと意気込んでます!
そして、これから阪吹は学園祭シーズンになるととある大きなイベントを待ち受けているのですが、この話については次の方にお任せしようと思います(笑)
それでは、次は金管セクションリーダーのおりぜー先輩です!
よろしくお願いしますっ\(>_< )

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 11:25 | Comment(0) | 副指揮者