2016年01月28日

ありがとうございました!



こんばんは〜!元団長のほたてです、お久しぶりです。最近は気温がぐっと下がったり雪が降ったり(ちょっと嬉しい)で外に出るのがつらい時期ですね。

さてさて最後の更新となったわけですが、今年度は幹部の意向でこのブログの更新頻度を上げました!更新回数なんとピッタリ50回!ヨッ!すごい!少しでも楽しんで読んでいただけていたなら幸いです。

昨年末の定期演奏会に聴きに来てくださった皆さま、演奏会開催にあたりご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。多くの皆様方のお力添えあってのことと、支えてくださったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。


わたしたちはどうしても演奏会をメインに考えることが多いですが、普段練習が出来ていることや年に何度も合宿にいけることは当たり前のことではなく、とてもありがたいことだと卒団してからよく思います。ボイラーと呼ばれる吹奏楽団の練習場は卒団してからだとなかなか行く機会もないですから。そこで好きな時に団員と会って過ごせるのってとても幸せだったんだな〜と、分かってはいましたが最近とくに実感しています。現役のみなさんは好きなだけ仲間と練習できる今をしっかり楽しみながら頑張ってね!(*⌒▽⌒*)

私たち3回生は昨年末の定期演奏会をもって卒団しましたが、これからも吹奏楽団の活動は続いていきます。今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。
わたしも1人のOGとして、また1人の阪吹ファンとしてずっと応援しています!

今までありがとうございました。

大阪大学吹奏楽団 第46代団長 ほたて





posted by 大阪大学吹奏楽団 at 19:35 | Comment(0) | 楽団長

2016年01月25日

โชคดีนะค่ะ

こんにちは。「元」副団長になってしまいました、みるきぃです。
早いもので、もう定期演奏会から約一か月経ってしまいました。この一か月の間に次の代にバトンタッチして、サマコンの曲も決まって、私は日本を離れタイでの留学を開始して、、、と色々な事が起こっているにも関わらず、一か月も経ったなんて実感わいていなくて、時が経つ早さにただただびっくりしています。
さて、私はユーフォパートの一員として2年と9ヶ月、副団長として1年間この大阪大学吹奏楽団で活動させていただきました。その間、久保田先生、柴田先生、先輩方、同期の皆、後輩の皆、演奏会を聞きに来て下さったお客さんなど、たくさんの方に支えてもらいました。特に最後の1年間は副団長として団長、そして団全体を支えるはずの立場でしたが、むしろたくさんの方に助けて頂いて本当に感謝でいっぱいです。今までありがとうございました。
こんな感じで支えてもらいまくりの副団長だったのであまり偉そうなことは言えないのですが、一つだけ現役団員、そして現受験生かつ未来の団員の皆様に言わせて下さい。正直、私は入団当初約3年間も阪吹で活動するとかめちゃくちゃ長いと思ってました。高校の部活は2年間で引退したのでそれに比べて9ヶ月も長いなー。と。そして副団長になった当初も、あと1年もあるしまだまだ阪吹に居られるんじゃないかと思っていました。でも、過ぎてみればあっっっっという間で、ほんとに短くて、ほんとに貴重な時間だったんだと感じました。今思えばあの時あれをあーしてたらもっと有意義に過ごせたのに、なんて思うこともあります。しかし、時間はもう戻っては来ません。私たち3回生が阪吹の団員になることがもうできない以上、1人の老害になってしまった身として現役団員達には残された貴重な阪吹生活を、未来の団員達にはこれからの団員生活を、気づいたら阪吹生活終わってて後悔しまくり、なんてことのないように過ごしてほしいと思っています。
最後に、このブログ記事のタイトルの意味は直訳すると「幸運を」という意味のタイ語ですが、実際には「またね、お元気で」といった意味でも使われています。阪吹を通じて出会った方々にまたお会いできるように、そしてそれまで皆が幸せでいられるように願ってこのブログを終わろうと思います。
皆様ありがとうございました!またお会いしましょう!
次はいよいよ2015年幹部による最後のブログ更新、担当は1年間阪吹を引っぱってくれた元団長・ほたてです!

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:05 | Comment(0) | 副楽団長

2016年01月24日

お酒は二十歳になってから

こんばんは、ほかほかくんです。寒い日が続きますね。
みなさんお元気でしょうか?
特に受験生の皆さん、くれぐれもお体には気をつけて。

時の流れははやいもので、気がつけばあの楽しかった演奏会から一月が経とうとしていて、すっかり吹奏楽からは遠い生活に馴染んでしまっています。少し寂しいですね。

運営系幹部として居させていただいた1年。出来たこともあれば出来なかったことも多々ありました。
少しでも多くの人が過ごしやすいようにと思っていたのですが、いかがでしたでしょうか?(結局一番大きな問題は残ってしまいましたが…)
定演の終礼でも「楽しかったですかー?」と聞きましたが、みなさんわりと楽しそうにしてたので良かったかなと思っています。(アバウト)

さて、音幹さんたちは色々書いてますが私はあんまりつらつらと書けないので、代わりに誰の言葉だったか忘れましたがなんとなく思い浮かんだのでひとつ紹介します。

「幸福な瞬間ってのは秘蔵のウイスキーみたいなもんだ。
ちびちび味をかみしめながら飲んで、また寝かせておく
最期の瞬間に飲むそれは最高に美味いんだろうな。」

最期に飲むウイスキー、どんな味がするんでしょうね
私たちは日常生活で多かれ少なかれこのウイスキーを手に入れているけれど、量が少ないとおそらくすぐ飲み干してしまうのでしょう。
そう考えると人生の最期まで残っているのはほんの数本なのかもしれませんね。
ただ、そのうちの一本が阪吹の生活から得られたものであればいいな、と思います。

お酒は二十歳になってから
三回生、卒団してからはつらいときに酒をちびちび飲むのもいいかもしれませんね。
未成年の一,二回生のみなさんはこんなシケたことを言ってないで、ぜひぜひ今を楽しんでください。

それでは\( 'ω')/


(さて次は副団長のもう一人、しっかり者のみるきぃです!)

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 02:35 | Comment(0) | 副楽団長