2016年10月26日

アダージョ・スウォヴィアンスキェ ドゥルゥギェ.........


先日10/23(日)に、阪神国公立大学吹奏楽連盟ソロ・アンサンブルコンテストがありました。
我々阪大からもいくつかの団体が出場しました。結果は……………………

【アンサンブルの部】

第1位 
チーム「別れても友達でいようね」
(大阪大学・クラリネット四重奏)

第2位
チーム「22才児」
(大阪大学・サックス四重奏)

第3位
チーム「onion」
(六大学合同・打楽器二重奏)

と、なんと1位2位を阪大が独占………………
これはとてもすばらしい結果です。
それだけでなく、、審査員個人賞も阪大の団員が独占するという結果に。笑
びっくりじゃないですか???
「なんでこんなに上手い人がコンクールバンドでもない阪吹にいるんだろう……?」と正直思われるメンバーが阪吹にはたくさんいます。
彼ら彼女らはこの団の強みであり、定演でも存分に実力を発揮してくれるでしょう。指揮者として心強いです。


また、これは阪吹の活動とは関係ないのですが、同日10/23(日)では名古屋にて全日本吹奏楽コンクール高校の部がありました。関西の高校は有名なので知ってる方も多いのではないでしょうか??こんな結果でした↓↓


【銅賞】明浄学院高等学校
課題曲:1  自由曲:アダージョ・スウォヴィアンスキェ ドゥルゥギェ (天野正道)

【金賞】大阪府立淀川高等学校
課題曲:1  自由曲:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲より 夜明け 全員の踊り (M.ラヴェル)

【金賞】大阪桐蔭高等学校
課題曲:3  自由曲:歌劇「ポーギーとベス」より (J.ガーシュウィン)


金賞が2校もあるなんてすばらしい結果ですね。個人的に応援している大阪桐蔭高校が久しぶりの金賞をとれたのでうれしいです。

しかし!!!
今年はですね!!!
もっとすばらしい結果を残している支部がありまして……
それが、九州支部です↓↓


【金賞】精華女子高等学校
課題曲:1  自由曲:交響曲「ワインダーク・シー」より (J.マッキー)

【金賞】福岡工業大学附属城東高等学校
課題曲:1  自由曲:プラネット・ナイン 〜未知への軌跡〜 (樽屋雅徳)

【金賞】玉名女子高等学校
課題曲:1  自由曲:シネマ・シメリック(天野正道)


なんと3校全校とも金賞。。。
僕は九州出身なのでこれほんとうにうれしいんです。。。
高校時代は共にライバルとして、目標として同じステージを踏んできた高校が全国で輝かしい結果を残してくれていい刺激になりました。
僕も一度でいいから全国大会にでてみたかったなぁ…と、コンクールシーズンは毎年思います。

我々阪吹はコンクールには出ないので、僕は高校時代コンクールに向けていた情熱を「12/24の定期演奏会」にぶつけています。

image-78467.jpeg

当時の顧問の指揮を自分へと憑依させ、吹奏楽以外なにも考えていなかったあの頃の情熱そのままに今でしかできない音楽を新しい仲間たちとつくりあげたいです。
みなさんぜひ定演に来てください!
大学の吹奏楽もいいものです。


文責:正指揮者  きくぞー



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 10:04 | Comment(0) | 指揮者

2016年10月15日

秋ですね

すっかり秋めいてきました。急に寒くなり団員の中にも体調を崩す人が増えていますが、皆様は元気にお過ごしでしょうか。
10月になってしまいました。大学生は長い長い夏休みを終え、たるみきった生活から抜け出して講義に参加しています。このブログも9月末を最後に更新が途絶えてしまいました。。本日は3点、ご報告&宣伝です。

1.定演ビラ完成
IMG_20160926_231602.jpg
今回の定期演奏会のチラシが完成いたしました!絵は団員のOb奏者渾身の力作です。本人曰く「feelingが重要」とのこと、、このセンスには脱帽です。

2.依頼演奏終了
去る9/29と本日10/15に依頼演奏を行いました!依頼演は、身近にお客様の反応がわかるのでプレッシャーでもありますが、だからこそ楽しさがある気もします。
DSC_0189.JPG
↑本日の依頼演奏の様子

3.六大アンコン
IMG_20160912_005141.jpg
来たる10/23に阪神国公立大学吹奏楽連盟(通称六大)のソロ・アンサンブルコンテストがあります。阪大からも数団体出場しております。普段と違って順位が付く大会ですので、出場者は練習を繰り返して最大限の演奏をしようと努力中です。一般に公開していますのでお気軽にお越しください。

以上!未更新に耐えかねた副指揮者ゴル・ゾーがお届けしました!

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 16:50 | Comment(0) | 副指揮者