2017年12月26日

金管の皆さん必読

金セク みいこです。

まず、先日の定期演奏会にお越しいただいた皆様と、定期演奏会の開催に伴いお手伝いいただいたOB・OGの先輩方、他大学の学生さん、ホール・業者スタッフの皆様に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

楽しい時間が過ぎるのは早いものです。最近入団したばかりと思っていましたが、もう引退とは驚きました。引退も中学・高校に続きもう3回目だというのに全く慣れません。生活の中心核となっていた阪吹での活動が無くなると、生活がガラリと変わりますからこれからの生活への不安もありますし、何より仲間に定期的に会えなくなることが辛いです。思い出を糧に、新たな目標に向かって努力することとします。

今までお世話になりました。ありがとうございました。


〈受験生の皆さんへ〉
センター試験までもう少しですね。勉強の内容はかなり忘れました()が、センター前の時期がしんどかったことは覚えています。大学は良いところです。自由です。粘り抜いて下さい。

阪大で吹奏楽を続けたい・始めたい皆さんに関しては阪吹の団員全員が応援しています。待っています。ラストスパート!頑張って下さい!


〈金管の皆さんへ〉
終演後の幹部からの挨拶の時に言い忘れていたのでここで。

ロビーコールの際に2名の4回生の先輩に「金管のサウンドが分厚くなったね/金管の圧がスゴかった」とお褒めの言葉を頂きました。そうりゅう先輩(Trb・元金セク)とおもち先輩(Hr)からでした。お二方ともあまりお世辞を仰らない(と思っている)ので、とても嬉しかったです。上手な奏者が集まっていたのは事実ですが、ロングトーンや和音の組立を重視したセク練が功を奏したのであれば幸いです。

皆んなが従順で助かりました。誰かボイコットとかしても絶対呼び戻さんって決めていましたが、誰もボイコットしてくれなくて良かったです。笑 ありがとう。

※色紙に、金管の6割の方が「セク練辛かった/しんどかった/キツかった」と書いてました。笑 肉体的・身体的にしんどい練習こそ〈効く〉とかいう考え方ももしかしたらもう前近代的かもしれません。少し考えさせられました。笑 みいこ予測では、来年の金セクはもっと精神的にしんどくなると思います。頭使いそう。頑張ってね!(^◇^)

 金セク みいこ

(おまけ)
↓以下、私が次に出る演奏会の宣伝です。

【金吹 第1回定期演奏会】
2018年3月21日(水・祝)
開場 13時 開演 13時半
入場無料
池田市民文化会館 アゼリアホール大ホール(阪急 石橋駅より 徒歩10分)

<曲目>
春になって王たちが戦いに出るに及んで / D.R.ホルジンガー
アルメニアン・ダンス パート1 / A.リード
吹奏楽のための第1組曲 / G.ホルスト
トレイルブレイズ / G.リチャーズ
ディスコ・パーティV / 金山徹 編
「ラ・ラ・ランド」より ハイライト / M.ブラウン編


Twitter:‎@oretachi_kinpa
大阪大学吹奏楽団の現役団員とOBOGを中心に結成された吹奏楽団です!
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:24 | Comment(0) | 金セク

2017年12月24日

音楽と思い出と

みなさんこんばんは、団長の夏目漱石です。


ついに日がまたいで今日が本番となってしまいました。つい最近、あと3ヶ月頑張って行きましょうと終礼で言っていたのが嘘のようです。


早く寝ないといけないのは承知ですが、少しだけ、今年一年を振り返らせてください。


1月、団長に正式になり、これからの希望と不安がごちゃまぜになっていました。

春合宿を仲間とともに乗り越えて、ついに新入生の入団です。今年はたくさんの一回生が入ってきてくれたおかげであだ名を覚えるのが大変で、嬉しい悲鳴でした。

迎えたサマコン、なんとか形にして皆様に見ていただき、お褒めの言葉をいただけたのが嬉しかった。

オフ期間を終えていよいよ定演へスタートです。夏合宿では一回生に琵琶湖の水をぶっかけられたりと新たな団員の姿を見ることができました。

秋合宿では、それぞれの課題を必死に克服しようとみんなで曲に真剣に取り組みましたね。


そして、今日、その集大成として、定期演奏会が夕方から始まります。


音楽には不思議な魔法のパワーがあるものでして、僕はこの定期演奏会の曲を聴くと、この一年間あったことが一瞬で蘇ってきます。団員とわいわい遊んだことや、真剣に練習を共に重ねたこと。その全てが思い出となってこの曲達の中に入っています。


これは僕がずっと思っていることですが、この思い出がたくさん曲に詰まっていればいるほど、音楽の魔法のパワーが大きくなると思うんです。

もちろん、音の入りや処理、音程など技術的な側面もとても大事ですが、たくさんの思い出が入っていればその音は重く、質量を増して、お客様の心を揺さぶる力に変わる。そう考えています。


団員のみなさんは充分にこの思い出を詰めていきましたね。あとは本番を楽しむのみです。少々のミスはきっとあるでしょう。ですが今までの全てを音に乗せればそれがきっとお客様の元に届くでしょう。




今日の夕方5時から大阪大学吹奏楽団の演奏会があましんアルカイックホールであります。

団員の熱い音楽が皆様のこころに届いて、今日という日を素敵に彩れるよう、そして、素敵な思い出としてこの曲が皆様のこころの中に残るよう団員一同精一杯演奏いたします。

是非お越しいただければと思います。


さて、僕もいい加減寝なければ。

最高の同期と最高の後輩との最後の本番です。

全力で音楽を楽しもう。



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 00:47 | Comment(0) | 楽団長

2017年12月17日

旧石器時代

こんばんは!副団長のしまりすです
突然ですが、昨日の練習後の一枚をお見せします!じゃーん!

FB7EF784-456B-4D04-82AD-49F3A94C65D6.jpeg

やっぱ阪吹人多いな〜っていうのはそうなんですが、よ〜く見てみてください、なんかおかしくないですか??

そうです、服装が制服なんです!
これは制服デーといって、一年に一度、制服を着て練習しようというイベントです。

あの子のセーラー服可愛い!あの子のブレザーかっこいい!もう歳だから制服は勘弁!!
などいろんな声が聞こえてきて楽しかったですよ(笑)


さて、前置きが長くなってしまいましたが、これまで幹部6人がつないできた曲にまつわるお話シリーズも今回で最後です!! 

今回は「トゥーランドット」です!
トゥーランドットといえば、みなさん何を思い浮かべますか?

フィギュアスケートを思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか??
トリノオリンピックで荒川静香選手が金メダルを取ったときのプログラムはトゥーランドットでしたし、今シーズンでは宇野昌磨選手や、本田真凛選手もこの曲で滑っています

というわけで、スケートのお話をするために、その起源を調べてみると面白いことがわかっちゃいました!

なんと!スケートの起源は旧石器時代までさかのぼります。もう一度言いますよ、旧石器時代です。
ヨーロッパ各地でマンモスなどの骨を加工した獣骨スケートが見つかっており、スケートは当時物資を運ぶための手段だったとのこと。

A681B5E2-5843-455F-8FCC-7800149D1A13.png

そして中世以降は凍った運河をアイスリンク代わりに、スケートが娯楽として広まっていったそうです。しかし、農民階級と貴族階級とではスケートに対する考え方の違いが生まれていき、目的地にできるだけ早く到着することを重視した農民階級に対し、貴族階級は優雅さを重んじました。それが、現在のスピードスケートとフィギュアスケートに繋がってるのだそうです。

私もフィギュアスケートは大好きなのですが(もちろん見る専門)、起源を初めて知ってびっくりしました目


ということで!「フィギュアスケート トゥーランドット」で検索していろいろ動画を見てから定演に来て、トゥーランドットを聴いていただくのもおもしろいかもしれませんね手(パー)‍♀️


阪吹の定期演奏会はちょうど一週間後!
クリスマスイブです!
素敵な夜を私たちと一緒に過ごしませんか?

2BDA5BC3-9955-49EA-8731-CE4D00C59685.jpeg




posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:09 | Comment(0) | 副楽団長