2018年09月22日

これからもよろしくお願いします!

20180921.jpg
こんにちは、金セクのウヌスです。
今日は阪吹の練習がオフだったため、とある演奏会に出かけました。

大阪フィルハーモニー第521回定期演奏会@フェスティバルホール
指揮:アンドリス・ポーガ
独奏:ラデク・バボラーク
ハイドン/交響曲 第82番 ハ長調 Hob.T-82 「熊」
パウエル/ホルン協奏曲
プロコフィエフ/交響曲 第5番 変ロ長調 作品100

実はこの演奏会、阪吹でいつもお世話になっている打楽器奏者、久保田善則先生の大フィル最後の定期演奏会でした。久保田先生は1977年1月より41年9か月もの間、大フィルの打楽器奏者として主にシンバルやスネアドラムなどを担当されました。僕ら大学生の人生のほぼ2倍もの年月をプロのオーケストラ奏者として過ごされていたんですね。今月で定年退職となります。

今回の演奏会ではホルン協奏曲でホルン界のスーパースター、バボラークのソロを引き立てるスネアドラムを披露し、プロコの5番では目立ちすぎず控えすぎず、絶妙なバランスでオケをグイグイ引っ張るスネアドラムの名人芸を堪能することができました。終演後、他の楽団員が捌け先生が後片付けを始めると、誰からともなく拍手が始まり約1分ほど拍手が鳴りやみませんでした。これにはちょっとグッときちゃいましたね。

これまで何度も大フィルの定期演奏会に足を運びましたが、久保田先生が奏でるシンバルの音は驚くほどに表現力に富んでおり、一発一発に感動していました。先生のスネアはオケでのアンサンブルを熟知しておりまるでオーケストラをスネアドラム一つで操っているかのようにも思えます。

先生の本業である打楽器奏者の側面を観る機会が減ってしまうのはとても残念ですが、先生は今年も阪吹の定期演奏会で1曲指揮を振ってくださります。先生も惚れ込んでいる交響曲第3番「コミタスに捧ぐ」ですが、日本初演のため情報が少ないですね。そのうちこのブログでも紹介記事を書かせていただくと思いますが、初演を成功させるべく団員一同必死に練習しています。久保田先生と共に音楽ができることに感謝し、これからも練習に励みたいと思います。

久保田先生、大フィル41年間お疲れさまでした!そして阪吹ではこれからもよろしくお願いします!!

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:11 | Comment(0) | 金セク