2019年02月20日

僕たちって50期生なんですね

こんにちは。
昨年の副指揮者より昇級して正指揮者になりました、けんじです。
「正指揮者」という肩書きは自分には少々荷が重い気がしますが、プレッシャーに押し負けられないよう強く生きていこうと思います。

とうとう僕たちの代も最後の一年を迎えてしまいました。今でも入団したのがついこの間のように感じています。これからの阪吹でのイベントは、徐々に「最後の」という枕詞が付いてくると思うと、今まで以上に一回一回の練習を有意義にしていきたいと感じます。

新体制になり、団の様子も今までとは少し違った新鮮な空気を感じています。特に、前団長と現団長のキャラは違います。カレタス君、彼は絡めば絡むほど面白さが溢れ出てくるスルメのような人間です。

僕とカレタスの出会いは阪吹ではなく英語の授業でした。
今の時代、SNSであったことない人物のこともある程度認識できるもので、彼も実際に僕に会う前から一方的に僕のことを認識していたようです。授業の最初に出席を取るのですが、「廣瀬くん」と僕の名前が呼ばれた時に、彼は僕がSNSで特定している「ヒロセくん」であることを確信したようです。
授業終わり、晩御飯の献立を考えているときに、右後ろからカレタス君が巨大なトカゲのようにヌッと現れた時は背筋が凍りました。湿ったトーンで僕の名前を呼んだ彼は、動揺した僕の様子なんかおかまいなしに、一緒に阪吹の見学に行こうと誘ってきました。僕はその日別用があったので、残念ながら彼のアタックは失敗に終わりました。

そんなモヤモヤする出会いをした僕たちですが、授業や阪吹で話すことで仲良くなり、今ではご覧の通り阪吹の運営面のトップと音楽面のトップを担うようになってしまいました。

カレタス君は以前「ドラムのような人間になりたい」と言っていました。含意はよくわかっていませんがとにかく彼のドラムはカッコいいです。この間の合奏でも船蔵節が炸裂していました。皆さんもぜひサマコンでその姿を眼にお納めいただけたらと思います。

こんな2人ですが、上手く協力してこの一年間の阪吹を最高のものにしていこうと思います。団員の皆さん、クセが強いかもしれませんがどうか付いてきてください、よろしくお願いします。阪吹をいつも見守ってくださっている方々、どうか今年一年も暖かい声援をよろしくお願いいたします。

さて、次は新しい指揮者のたっきー君にバトンタッチしたいと思います。フレッシュマンなたっきーを見ていると自分まで若くなった錯覚に陥ります。

大阪大学吹奏楽団50期正指揮者
廣瀬優生(KENJI 卍)

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 16:18 | Comment(0) | 指揮者

2019年02月17日

明けまして

はじめまして。大阪大学吹奏楽団50期団長に就任しました船蔵(ふなくら)と申します。阪吹ではカレタス・ド・マールと呼ばれています。下の名前は颯(はやて)といいます。

初めてお会いする人に「カレタス・ド・マールです」と申すと、大抵「えっ、なにそれ??由来は??」と言われます。そして僕が由来を説明すると、由来を聞いてきたその人は多くの場合「こんなにクドクドと説明されるとは思わなかった」とでも言いたげなゲンナリした顔をされます。悲しいです。

コンビニのエクレアはLAWSONが世界一だと思います。

さて、昨日のことになりますが、冬のオフが明けてとうとう新しい阪吹の一年がスタートしました。同期の2回生たちが団の中心となって活動している様子を見て、「ああ、ついに最後の年か」としみじみ思いました。

ちなみに僕は「オフ明け」を上手く発音できません。どうしても「オヴ明け」とプロナウンスしてしまいます。オヴ、オヴ。

昨日は早速、サマコン曲の合奏がありました。初めての合わせなのでまだ探り探りではありましたが、みんなひさしぶりの合奏を楽しんでいるようでした。僕もみんなの表情を見て、阪吹のある日常をとても幸せに思いました。

僕は毎回の練習に行くのがとても楽しみです。みんなにも、そう思って欲しいと思っています。盟友ケンジ卍も言っていましたが、この一年、最高の年にしたいです。

みんなが「本当に楽しかった、頑張ってよかった」と思えるように、精一杯頑張ります。阪吹OBOGの先輩方をはじめとする、いつも阪吹を支えてくださっている皆様、今年も阪吹の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

大阪大学吹奏楽団50期団長
船蔵颯(カレタス・ド・マール)

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 18:43 | Comment(0) | 楽団長

2019年02月15日

バトンタッチ

こんばんは、元団長のポムポムパパです。
現役生は明日からオフ明けということでこれが僕たちの代、最後のブログ投稿になります。
引退して早2ヶ月弱、もともとこの時期はオフだったということもあって引退した…という気もなかなかしてこないもので、現役生が活動を再開して、ようやく本当の意味で引退したことを実感するのでしょう。

振り返ると、1年前、夏目漱石先輩から団長の座を引き継いでから色んなことがありました。
この1年は僕にとってかけがえない1年でした。人間的にも、音楽的にも成長させていただきました(したつもりです、した…よね?してない?)
これは団員たち全員のおかげです。本当にありがとう。
団員たちにとって色んな思い出がそれぞれの心の中に残っていると思います。音楽を楽しんだこと、真剣に自分や仲間と向かいあったことやぶつかったことだって、今思えばいい思い出ですね。
この1年間が彼らにとって、心に残る、楽しい時間となったのならそれだけで、団長としてやってこれて本当に良かったと思えます。
みんなに団長としてどれだけのことをお返しできたのかはわからないですが、少しでもみんなに恩返しできていたら…と思います。
そして…
面と向かっては恥ずかしくて絶対に言えないので、ここで。
みんな大好きでした、かけがえのない時間をありがとう。支えてくれてありがとう。
最高の同期、後輩たちでした!
また、一緒に吹いてくれたら嬉しいです。そのときはよろしくね。

これから1、2回生がどんな阪吹を作り上げていくのか、次の団長(自己紹介お楽しみに!)がどう引っ張っていくのか、けんじ率いる音幹がどんな音楽を作っていくのか、彼らが生み出す最高の阪吹をOBとして今から楽しみにしています。バトンタッチだよ、頑張るのは絶対そうすると思うから、一言だけ。
「楽しんでね!」

これまで今年の阪吹を応援、ご支援してくださった皆様。本当にありがとうございました。
今年の阪吹はいかがだったでしょうか?今年の阪吹が皆様のお心に残る代となったのなら幸いです。
来年以降、これからの阪吹もどうぞよろしくお願いいたします。

文責 49期団長 ポムポムパパ


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:20 | Comment(0) | 楽団長