2019年11月08日

秋合宿を終えて

お久しぶりです。二度目まして、金管セクションリーダーのケプラーです。私たち大阪大学吹奏楽団は11/1(金)〜11/5(火)の間秋合宿に行ってきました。秋合宿は一年の集大成である定期演奏会の1ヶ月前に行われるため、毎年団員は普段の練習よりも真剣になているように見えました。

(このBlogはほとんど団員しかみていないと思うので)少し内輪の話をします。ある練習の際に、「前に立っている者は沈黙が不安だ」という話がありましたね。(前に立っている者とは、指揮者などの演奏指導をしている者のこと)そういう時、前に立っている人は、伝えたいことが伝わるようにどう発言したらよいか、またどういう点をどう変えたら曲がよりよく聞こえるようになるかを考えているんですね。というのはみなさんわかっているでしょう。ですが、あと1ヶ月半ほどの期間で演奏をレベルアップさせていくには、そういう沈黙を越えてみんなに伝えている内容を団員が意識的に自身に取り入れ、さらに個人個人でその内容を高めていくことだと思います。前に立っている人の伝え方が悪い場合もあるかもしれませんが、次にもう一度演奏した際に前とほとんど変化のない演奏になってしまっていたのが秋合宿で印象に残ったところでした。(その時言われていた「沈黙」とは違う内容になってますが、私はこのような考えをもちました)

毎度毎度日本語下手くそで申し訳ありません。(土下座)

それでは、ケプラーでした。あと45日。

P.S.
秋合宿最終日にばちこり風邪引きました。なぜかまだ熱が引きません(泣
IMG_20191108_191207.jpg

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 19:12 | Comment(0) | セクション・リーダー