2019年12月18日

「最後」

A6D3947B-B512-4127-B90D-D5AE81E7B50E.png
こんにちは、副団長のまさしくまさこです。

とうとう、私がブログを書くのも最後になってしまいました。
今日は、「最後」に関する向き合い方について語ろうと思います。







「最後」



私は、最後という現象が苦手です。終わるという言葉が怖いです。たしかにそこに存在していたものが無くなります。頭の中には景色も経験も色濃く残っているのに、目も耳ももうそれらを知覚することができません。


演奏会が終われば、



昼下がりのボイラー(阪吹の部室)で一人で練習したあの心地よい空気を感じることはできなくなります。

昼休みにパートのみんなで食べた、あのアイスの味も。

打楽器を運びながら団員と雑談したあの時間も。

合奏中に後輩と合わせたアインザッツのシンクロ感も。

演奏会の最後、アンコールを吹き切った時の開放感も。

重めの議題を扱った、パートリーダー会議の空気感でさえも。



ああ、枚挙に暇がない。




どれもこれもたしかに存在し、この身に感じていたのに。徐々に記憶から消えていって、これらの感覚がたしかにそこにあったのか、証明することができなくなります。


恐ろしい。


寂しい。






そんな臆病者の私ですが、先日ある言葉をいただきました。


それは
「上に抜ける、下に譲る」
という言葉です。


舞台上に乗れる人数には限りがあります。
ボイラーに入れる人数にも限りがあります。


「上」である私たちは、いつまでもそこに残っているわけにはいきません。場所と機会を「下」に譲っていきます。



じゃあ、あの空気感や経験や記憶を手放さねばならないのか、というとそういうわけでもありません。
「団員」という立場、「ボイラー」という場所からただ抜けるのではありません。



上に、抜けるんです。



ステップアップした、一つ成長した姿で、上に抜けます。それは音楽面でも、人間性でも、なんでも良い。

ボイラーで過ごした2年半を振り返って、自分の経験を再認識してください。そして、成長を実感し、上に抜けてください。


抽象度がとても高いので、具体的に言います。


音楽的成長を認識し、社会人と一緒に他団体で演奏をするのも良いでしょう。

リーダー経験からマネジメント力の成長を認識し、新しい団体を作るのも良いでしょう。

友人関係の成長を認識し、仲間と音楽を離れた友情を築くのも良いでしょう。

苦難を乗り越えた経験から人間的成長を認識し、ESに書いて就職するのも良いでしょう。



阪吹で過ごした時間を糧に、その経験を使って、上に抜けましょう。

そうすれば、
阪吹で過ごす時間は「最後」ですが、阪吹で得た経験は「これから」に必ず続きます。

そしてあわよくば、しいたけ先輩のように、阪吹に価値や機会を還元できるようになりたいものです。
(しいたけ先輩:阪吹のOB。阪吹卒業後も関係を保ち、毎年演奏依頼をくださったり、楽器屋さんとの繋がりをくださったりしています)





さて、長々とふわふわした話をしてしまいましたが、この辺りでお別れとしたいと思います。

阪吹今年最後の演奏会は、12/22@長岡京にて行われます。

なんと、今回は第49回目!

惜しい50回じゃないんだ、とお思いの方いらっしゃるかもしれませんね。でも、私は第49回定期演奏会に出演できてとても嬉しく思っています。


なぜかって?


ラッキー7の2乗ですもの。
次にこんなに幸運に恵まれそうな演奏会があるのは、300年後ですよ(7×7×7=343)。


それでは、とってもラッキーな演奏会で、お会いしましょう!




posted by 大阪大学吹奏楽団 at 13:47 | Comment(0) | 副楽団長