2017年04月10日

見学のすゝめ

こんばんは。副指揮者のYZOです。
4月8日はサークルオリエンテーションでしたね!
演奏や楽器体験、お茶会などを通して阪吹ってどんな団体なのか、少しでも肌で感じることができたでしょうか?
サーオリで演奏した曲のうち「The Ringmaster's March」「Shall we dance?」は阪吹に入団すればもれなく先輩たちと一緒に演奏することができます。
あんな楽しい曲を入団してすぐ吹けるなんて・・・
なんてお得なのでしょう。これは入るしかありません。

演奏は聞けたけど普段の活動がわからないよ、という方に情報です。阪吹は基本的に
火曜日と木曜日の17:00〜20:00、土曜日の10:00〜16:00
を練習日として設定しています。
この時間にボイラー(楽器体験をした場所)や集会室6(演奏会があった場所)に来ていただければ、練習を見学したり、先輩に話を聞くことができます。
団員に言っておけば練習場で楽器を吹くこともできます。
IMG_8054.JPG

見学は大事です!(個人の見解)
実は僕が入学した去年の今頃、阪吹に入るかどうか迷っていました。
でも、友達の付き添いのような形で何度か見学に来ていると、次第に阪吹の団員や雰囲気に魅力を感じていつのまにか入ろうと決心していました。今思えばそう決心できて本当に良かったです。いつぞやの某正指揮者さんに感謝です。

新入生の皆さんも、見学をしたり団員の話を聞いていると自分が知らなかった阪吹の魅力というものがきっと見つかると思います。阪吹に入ろうと思っている人はもちろん、迷っている人、うーんどうだろうと思っている人も是非おこしください。その一歩があなたのキャンパスライフをがらりと変えることになるかもしれません。

聞かざるは之を聞くに若かず。
之を聞くは之を見るに若かず。
之を見るは之を知るに若かず。
之を知るは之を行うに若かず。  (荀子)


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:20 | Comment(0) | 副指揮者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。