2017年04月17日

日本の春といえば…

そう、ラーメンですよね!()団長の夏目漱石です!
ラーメンは中国から輸入した文化ですが、日本の中で独自に発展し、もはや日本のソウルフードと言っても過言でないものになっています。

というわけでラーメン大好きな僕が大阪に来て一番うまいと思ったラーメンを紹介します!

所は十三、駅から徒歩数分の所にあるのは
「くそオヤジ、最後のひとふり」というラーメン屋です。名前から受け取るプライド高い入りにくいラーメン屋の印象とは全く異なり、内装はラーメン屋とは思えないほどおしゃれ。
中に入ると店員さんが愛想よく接客をしてくれます。ここまででもうすでにリピーターになること間違いなしですが、やはりラーメンが本当にうまい!
この店は「貝ラーメン」をメニューとして出していて、しじみラーメン、あさりラーメン、ハマグリラーメンの三種類があります。醤油ベースですが、濃口や薄口などそれぞれのラーメンにあったブレンドにしているため、どのラーメンを選んでも新しい感動が訪れること間違いなし!今日はこの中でもあさりラーメンについてレポートしたいと思います!

薄口と濃口を程よくブレンドしたものをベースに貝のダシが惜しみなく使われ、香りだけで僕らを海へと連れていってくれます。スープの味も最高です!麺は少し平ための麺を使っていてスープとの相性は抜群。それに加え、器から溢れんばかりのチャーシューがよりラーメンを引き立てます。このチャーシューが黒胡椒でしっかりと味付けされており、これだけでも飯が捗ること捗ること。
ラーメンを楽しんだ後は、数量限定の貝飯をどうぞ。貝の風味が優しくご飯に味付けをしています。

どれをとっても最高のラーメン屋です、是非一度行ってみてください!

店舗情報らこちら


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:55 | Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。