2017年11月19日

光エネルギーと音エネルギー

こんにちは、副指揮者のYZOです。
曲目についての話題ということで、僕は二曲目
John Mackey作曲「Aurora Awakes」についてです。

サマコンではFirework、定演ではAurora、と
空の風景を描写したような題材のものを扱ってきました。
そのためでしょうか。僕の合奏の時はいつも雨。
ある団員は言いました。「やっぱり室内でオーロラは無理なんだよ」と。

・・・・・・・果たして本当にそうなのか?

そもそものオーロラの原理を考えよう。
太陽からは「太陽風」と呼ばれるプラズマの流れが常に地球に吹きつけている。これが大気中の粒子と衝突すると大気粒子は励起状態(エネルギーが高い状態)になる。それが元の状態に戻るとき高まったエネルギーを放出して発光する。
これがオーロラである。至極簡単で単純なものである。

つまり!オーロラの発生原理に基づいて、状況を人工的に再現すれば、オーロラを発生させることができます!そう!室内でもオーロラは見られるんです!

・やり方
磁石を真空中に置き、プラズマを当てる。
…どうやって真空中に磁石置こう…プラズマとかないし…
そんなことしなくても我々はオーロラを作る術を持っていますね!

これまでの練習や曲への想いをエネルギーとして放出した時
きっと、ホールにオーロラが輝きます。
空で観測できるオーロラの色は3、4種類と言われています。
一方音のオーロラは50名以上の奏者によって奏でられます。
50色以上によって描かれる作品はどれほど神秘的なものになるでしょうか。


さて、今年のオーロラの見ごろは
12月24日の夕方から夜にかけて
アルカイックホールにて



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:05 | Comment(0) | 副指揮者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。