2018年05月24日

They are Monsters!!

皆さんこんにちは、金管セクションリーダーのウヌスです。
先日、練習をお休みしてある演奏会に行ってきました。今回はその演奏会についてのレポートを書こうと思います。

Slide Monsters 大阪公演 5/8 19:00〜 豊中市立文化芸術センター大ホール

Slide Monsters とは、日本のジャズトロンボーン界を代表する中川英二郎と、ニューヨーク・フィルハーモニック首席トロンボーン奏者のJoseph Alessiがタッグを組み、「クラシックとジャズの融合」をテーマに結成されたトロンボーン四重奏です。Alessiのジュリアード音楽院での教え子であり、ジャズバンドの指揮や作曲などマルチに活躍するMarshall Gilksとオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団バストロンボーン奏者でソロやアンサンブルなどでも、目覚ましい活躍ぶりを見せているBrandt Attemaをメンバーに迎え、全9公演の日本ツアーを行いました。
今回の大阪公演は大ホールだったのですが、アンサンブルの演奏会で大ホールを使う公演はあまりなく、どう聴こえるのか興味があったのですが、結果この4人には箱の大きさなど関係なく、むしろ広くてちょうどいいと思いました。また、チケットが一般4,000円と高めの設定(大フィル学生席4公演分)ながら、開放されている1階席がほぼ埋まるほどの客入りでした。
さて、肝心の演奏はどうだったかというと、期待以上に素晴らしかったです。ジャズ奏者とクラシック奏者で普段演奏しているステージは違うはずなのにこんなに混ざり合うものなのかと感動しました。彼らは非常に自由に伸び伸びと演奏しており、お互いへのリスペクトが感じれる演奏でした。
僕はいい演奏会というか、アタリの演奏会では、曲が終わりに近づくにつれて「この幸せな時間がいつまでも続いて欲しい」と感じるのですが、もちろん今回の演奏会でもプログラム最後の曲の最後の音を聴くのが惜しい、いつまでも聴いていたいという感情を抱きました。このように感じれる演奏会は体感10回に1回もないと思います。
今回この演奏会で、観客側でこのような感想を受けたのですが、今度は自分たちの演奏で聴きに来てくださった方々にこのように感じてもらえるととても幸せなことだと思います。そして更に、今回僕がSlide Monsters の演奏を聴いてこのような演奏がしたい!と思ったように、聴きに来てくださった方に、阪吹のような演奏がしたい!と思ってもらえる演奏会にするため、あと2週間ちょっと頑張ります!


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:38 | Comment(0) | 金セク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。