2018年11月11日

フレンチトースト作りました。

こんばんは、正指揮者のYZOです。

11月11日、ポッキーの日ということで、何とか喫茶店のようなフレンチトーストが再現できないかと悪戦苦闘していました。できませんでした。フレンチトーストの日じゃなかったからだと思います。

今日はフレンチトーストを作りながら先の秋合宿のことを思い出していました。最初の工程は卵を溶き、砂糖などで味をつけてパンを浸すための液を作るところですね。

大阪大学吹奏楽団は毎年11月初頭の連休を利用して秋合宿を行います。8月下旬から練習を始めた、次の定期演奏会の曲をぐっとレベルアップするための合宿です。それと同時に忙しい日常から離れて、自分自身や音楽とゆっくり向き合うことができる時間でもあります。今回は個人やパート単位で練習する時間を多く設けるというコンセプトでした。ただ時間割通りに合奏に参加するのではなく、時間をどう使うかを自分で考えて実行する、ということが必要だったので団員の皆さんも大変だったと思います。パートリーダーさんを中心に計画を立て、空いた時間を利用してペアで練習して、と様々な場所で工夫が見られて皆よく考えているなと感じました。

―いやあ、皆頑張ったよなあ…しみじみ…そんな想いに浸っていると、パンもいい具合に液に浸っていました。
この浸す時間も仕上がりにおいて結構重要なのです。

合宿が終わる度に、特に毎年秋合宿の後に思うことがあります。充実したものにできたかな…。あそこはもっとこうできたんじゃないかな…。と。練習もちゃんとやって頑張った成果として結果も出ているのに。秋合宿頑張ろう!と意気込んでいた人ほどそう思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

この感情の由来は、自分たちの伸びしろへの期待にあると思います。他の合宿では、まだ曲に関して右も左もわからずどこを目指せばいいのかも分からない状態であるのに対し、秋合宿の時期は全体も個人もどの方向に向くかが定まってきてその階段を上りつつある頃です。自分の限界は、自分がたどり着いたことがない故に見えないものです。ある地点に到達すれば次の数段が表れてしまうのですから。どんなに練習してもどんなに演奏がよくなってもより理想的なものが頭にある故に、「よし、満足」とはならないのだと思います。

―そんなことを考えていると、フレンチトーストの第一陣が焼きあがりました。味見をしたところ…全然駄目ですね。砂糖が少ないしバニラの効きも悪いです。第二陣はもう少し変えてみよう…

少し憂鬱な気持ちになっていましたが、先に述べたように、本質はポジティブな心理なのではないかと思います。目標があって、道があって、進んではいる。進んでもまだまだ満足できないからもっと進みたくなる。そもそも目標がない人はこういった心理にはなりませんものね。悩んでいる時点で既にすごい。頑張っていて自分の伸びしろを感じているからこその必然な感情だと思います。

しんどいことに、その時々の振る舞いがベストだったかはすべてが終わってからしかわかりません。だったら自信を持って後から自分で丸を付けてあげられるように、前へ、上へと進んでいきたいと思うのです。

そう考えると、贅沢な悩みです。

―さて、本日最終版のフレンチトーストが焼きあがりました。食べました…が。うーんさっきよりは美味しいけど違いますね。全然お店の味にはおよびません。何が違うんだろう…またお手本ってことで食べに行きましょうかね…。

僕が目指しているフレンチトーストはこちら↓
125417.jpg
梅田をはじめ複数店舗のあるSarabeth'sのフレンチトーストです。もうほんとこれが美味しいのです。僕の目標です。

こんなことができるのも贅沢ですよね。

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:27 | Comment(0) | 指揮者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。