2018年11月14日

あと1ヶ月半ってマ?

こんにちは。副指揮者のけんじです。
身の回りには綺麗な紅葉がたくさん見えています。この間今年度初めての鍋をしました。やっぱり寒くなってきた時のあたたかいものっていいなと思います。この時分は何かと心も感傷的になりがちなのでね。

さて、秋合宿から早くも1週間が経ちました。思ってみれば一瞬だった4泊5日でしたが、綿密に組んだスケジュールを組み一人一人集中して取り組んだから、その日々の中で得たものは確かに大きいものです。阪吹は春・夏・秋に合宿に行きますが、僕は秋合宿が一番好きです。理由はよくわからないですが、多分音楽と一番真正面から向き合えるからです。本番が2ヶ月後に控えてることになりますからね。みんなと楽譜を読んでここはああだこうだと考えたり、みんなが楽器を通して伝えようとしていることが一番わかるのが秋合宿なのかなと思います。しかしながら、秋合宿は一番辛い合宿でもあります、僕もたくさん辛いことがありました。ここが吹けない、ここが合わない、ここが振れない、などなど、他の団員もそういうところがたくさんあったのではないでしょうか。でも、合宿後から本番までの間で、みんなで切磋琢磨してこれらを乗り越えていくからこそ、阪吹の絆は深まっていくんじゃないかと思います。僕自身も、ただ純粋によりよい演奏を求めてこれから12/27の定演まで頑張っていこうと思うばかりです。



3回生の先輩方、みなさんにとっては秋合宿が最後の合宿となりましたね。2回生の僕としても、先輩にすがっていられる合宿はこれが最後だったわけで、次の合宿までにもっとたくましくならなければという思いに駆られています。2年半の阪吹生活は長かったですか、短かったですか?そんな生活もあと1ヶ月半で終わってしまいます。僕は3回生と一緒に阪吹生活を送れるのがあと1ヶ月半しかないと思うと涙が出てきます。本当に寂しいです。今はただただ、先輩という存在がいる環境で音楽ができることが嬉しいです。だから、本番まで残りわずかのこの時間ひとときひとときを噛み締めて、大切に過ごしていきたいと思います。残り1ヶ月半、ぜひ、今までの吹奏楽人生で培ったものをあなた方のことを慕っている後輩たちに受け継いであげてください。
1・2回生のみなさん。きっと先輩に対する思いは強いでしょう。個性が強い先輩、楽器が上手な先輩、かわいい/かっこいい先輩、、、そんな先輩たちと一緒に阪吹生活を送れるのもあと1ヶ月半です。あんなこと教えてもらったりこんなこと教えてもらったりしたと思いますが、残りわずかの期間も、先輩から吸収し尽くし得る限りを吸収しましょう。大好きな先輩たちと阪吹でできる最後の演奏会、絶対成功させましょう!そして、「来年のことはなにも気にしないで大丈夫ですよ」と言えるようになりたいですね。僕はそう思っています。


合宿後数週間はこんな感じでセンチメンタルになる副指揮者です。
合宿が終わり、次のイベントであるプレコン(OB向けのリハーサル)に向けて僕たちは日々の練習に励んでいます。こうやって定期的に目標を立てやすいイベントがあるのってとてもいいですよね、みんなの練習過程の指標になります。
もちろん最終的な目標は12/27の定期演奏会。一年の集大成をこの日お客様にぶつけます。阪吹にしかできない演奏を目指してこれからも団員一同真摯に取り組んでまいります。

副指揮者KENJI 卍

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 15:38 | Comment(0) | 副指揮者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。