2018年12月06日

肉を食べたい

肉喰いたい!!

こんばんは、金セクのウヌスです。

異常気象が続く昨今、今年の冬も相変わらずおかしなことになってますね。気温のアップダウンが激しくて体調を崩したという人も多いのではないでしょうか。こういうときにいつも思い出すのは、高校の数学の先生が言っていた「季節の変わり目に風邪を引く奴は馬鹿だ」という発言です。季節の変わり目は気温の変化も激しいことは分かりきっているのに、その対策をせずに風邪を引く人は馬鹿だ、ということですね。この発言から僕は「何事も不測の事態を想定しその対策を怠らない」という教訓を学びました(適当)。まあその後年に1回ぐらいは風邪引いてるんですけどね。(ちなみにその先生が風邪を引いたときは心の中で散々煽り倒してました。先生にはナイショです。)今週末また寒くなるみたいなので皆さん気を付けてください。

さて、定演まで一か月を切り僕は気持ちのアップダウンも激しくなってきました。関係者の皆様ご迷惑をお掛けします。練習が上手くいっていたり思うようにいかなかったり、日々悩みは尽きません。こういうときは美味しいものを食べてお酒を飲んで気分転換(現実逃避)をすべし!?本来であればこの時期に某先輩と焼肉に行く予定で、楽しみにしていたのですが延期になってしまいました。つらいです。今一番行きたいのは万博公園で行われているラーメンEXPOです。誰か一緒に行きましょ〜。

肉と言えば、先日行われたM-1グランプリで美味しそうな肉たちが渾身の漫才を繰り広げていました。1位の霜降り明星と2位の和牛の差は僅か6点!史上最年少優勝を果たした霜降り明星はスムーズでスピーディな展開のネタで爆発力があり、3年連続準優勝の和牛は完成度の高いネタで安定した実力を感じました。今回の結果については色々な意見がありネットを騒がせてますね。しかし、まず前提として、「漫才は点数を他人と競うものではない」ということを正しく認識する必要があると思います。何を面白いと感じるかは個人の主観によるので、結局は“自分”が面白いと感じたかどうか、が大切なのではないでしょうか。自分が面白いと思ったものが評価されなかったのはおかしい、というのは全く理解に苦しむ話で、まず一つは貴方は審査員ではなく、そして審査員の主観と貴方の主観は異なっているのです。もちろん審査員は主観だけで審査している訳ではないと思いますが。M-1を取るために芸人たちが切磋琢磨し、新たなスターが誕生することやお笑い界全体のレベルが上がることはM-1の大きな業績の1つであることは間違いありません。しかしM-1の順位や点数だけでその芸人を正しく評価することは出来ないでしょう。今回のM-1でもう一度見たい、もっと見たいと思った芸人がいたら、是非一度劇場やライブに足を運んでみてはいかかでしょうか。好きな芸人の新たな一面や、次にブレイクする芸人を見つけることができると思います。M-1ではつまらなかった芸人がライブで見ると面白い、なんてこともあるかもしれませんね。以上吉本の劇場で働いているトロンボーンパートの後輩からの宣伝でした。

僕からもおススメのライブを紹介させて下さい。12/27(木)18:00〜、あましんアルカイックホールにて行われる大阪大学吹奏楽団の単独ライブです!交響曲が2つもあり、日本初演ありとてんこ盛りなセトリとなってるのになんと入場無料!!席のキャパが1,800しかないので早い者勝ちです!私たちが伝えたい事がお客さんに伝わるか、私たちの演奏から何を感じてもらえるか、お客さんの主観に響くよう試行錯誤しながらあと3週間練習に励むので是非会場へお越しください。阪大の演奏を聴いたことがない人も、以前聴いたことがある人もきっと今年の演奏に衝撃を受けるでしょう…とりあえず今日も練習疲れたので肉喰いたい…


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 20:57 | Comment(0) | 金セク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。