2019年02月02日

勉強の出来るバカ

こんばんは。遂にラストブログ更新です。テストは終わったものの毎日絶望しかしていない煎茶です。あーもうほんま。過去の事は大体寝たら忘れるタイプなんですが、未来の事についてはかなりネガティブなんです。しかもテストが終わったら次は就活です。ちゃんと就職したい(心の底からの叫び)

そんな事は置いておいて、今日は広い公共の場で自分の意見を好きに述べる事が出来る最後の機会なので自分の思う事を好きに書きたいと思います。前回の記事は各所から「長過ぎる」と言われたので今回は手短に。とはいってもそれなりに書いてしまいましたが(笑)

突然ですが、皆さんは「考える」という語をどう理解しているでしょうか。辞書を引くと『知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる』(デジタル大辞泉)、『ある物事や事柄についてあれこれと頭を働かせる。思考する。特に、筋道を立てて問題や疑問を解決しようとする』(明鏡国語辞典第二版)と書いてあります。明確な定義が出来ていなくとも、おおよその人はこういう理解をしていると思います。そうは思わないという方もいらっしゃるかもしれませんが、意味に関しての論争をしたい訳ではないので今回は以上のような意味であるという前提で話を進めます。

言葉の定義が出来た所で本題に入りましょう。とりとめのない事ではありますし当然と言えば当然なのですが、僕はその定義である『知識や経験などに基づいて』という語の前には『自分が今持っている』という語が省略されているのではないか、と感じています。それはそうだ、とそこでお終いにしても良いのですが、裏を返せば目の前の問題や疑問に対しての知識が全くなければ白旗を上げるしかないのではないか、そうでなくとも、もし一部しか知識を持ち合わせていなければ強引な解決策を編み出してしまわないか、と…。

というのも、今回このテーマを最終更新に充てたのは、3年前の阪大合格後、阪大文学部卒の大先輩でもある高校の元担任に挨拶をしに行った時、別れ際にかけられた言葉をふと思い出したからです。国語の先生だけあってその言葉の一つ一つが重たかった記憶があります。

「人はね、誰もが全能神じゃないから自分の知っている範囲でしかものを考えられないの。目の前の課題に対して知識をフル動員させたとしても、それが課題の範囲とズレていたら最適な答えは見つけにくい。全く見知りもしない問題に差し当たったら既存の知識の範囲内で太刀打ちするしかないから、解決に時間がかかる。酷ければ手も足も出ないかもしれない。例えばあなたは数学が苦手だったと思うけど、模試とかでそういう経験した事ない?そういう事を減らしてくれるのが本なの。だから、興味のあるものからで良いから本をたくさん読んで。きっと人生の道標になるから」

担任であった故に僕が数学の定期テストで欠点を取っていたのも実力テストで雑魚みたいな点数を取っていたのも全て筒抜けだったのですが(笑)、今になってこの言葉が改めて身に染みて来ています。例えば大学に入ってレポートを書く時にも、歴史系の授業ならその時代の背景知識がないと良質な回答は提出出来ないと思いますし、実際僕も興味のある法学部専門科目ではない一般教養科目はそれのせいでかなり苦労しました。それのせいでテスト期間はもう地獄でしたね。だって何も考えられないんですもん。冠婚葬祭におけるしきたりとか敬語とかマナーとかも、「事前知識がないとわからない」というその典型的な一例でしょう。

その一方で、逆に「こんなもんどこで使うんや」みたいな知識や経験が意外な所で役に立ったりする事もあったんですよね。実はそれ、担任の言葉通り「ちょっと興味のある」本を読んでいたから発見出来た答えだったんです。確かにそういう機会は数える程しかありませんが、課題との間に一見全く繋がりのなさそうな知見が解決策への有効打になったので、知識・教養・経験が豊富である事に損はないなと再認識しました。若い内に色々やっておけとよく年上の方に言われる時期になっていますが、本当にその通りだと思います。限られた知識でしかものを判断出来ない偏狭な大人にはなりたくないものです…。

ただ、よく言われる事ですが、それらが我々が今までやってきた高校までの勉強の出来とは必ずしも一致している訳ではないと思うのは僕だけでしょうか。いくら勉強が出来ても、手持ちの知識を勉強以外にも活かす力がなければ(勉強以外に対する)問題解決力は皆無に等しいと思います。夏から複数のインターンシップに参加して来ましたが、学歴が高い=課題解決力が高いという等式は必ずしも成り立たないと思います。まあ僕もそう思われているとは思うのですが(笑)自戒です自戒。

そういう事を意識して振り返ってみれば、僕の(ひいては皆さんのも?)3年間の阪吹生活においても知識・経験不足から来る判断ミス等は山のようにあったと思います。もう具体例は一々挙げませんが、今考えれば何故と思うような事も多々…。2018年度に限れば前例のない災難がよく降りかかってきた一年でしたが、次代には我々のミスから学んで職務を全うして頂きたいと思います。きっと不満点等は各々持っているはずです。それを自分の知力を高めて解消していって下さい。

あくまで頭の中での話である事にご留意頂きたいのですが、こういう知識・経験不足からくる問題が色々な団体の活動に浮き上がって来ると結構危ないと思います。一番身近な所で言うと人に対する接し方とか、運営の仕方とか。ギスギスしている団体にはいたくないですよね。音楽団体の演奏会でいうと選曲される曲が巷でよーく聞くような曲ばかりになってしまったり…。後者に関しては、決して悪いとは思わないのですが、色々知っている中でその曲を選んだのか、そもそも知っている曲が少なくてその曲を出して通ったのかでは全然話が違うと思います。常に新しい種類の曲を出していかないと、今後有名な曲しか残らないという事態も考えられなくはないですし。究極的にはどの演奏会に行っても同じ曲しかないという事もあり得ます。だから、絶対に知識(この場合知っている曲数)を増やす必要が常にある。

もうそろそろしつこいですね。まとめに入りましょう。長々と色々書いてみましたが、(自戒を込めて)勉強はそれなりに出来るけど知識とか経験、教養がない、それらの活かし方を知らないがために賢明な判断が出来ない「勉強の出来るバカ」に僕はなりたくないですし、皆さんにもなって欲しくありません。幸い、現代はインターネットもありますし大学には図書館があるし、阪吹には人がたくさんいます。その他にも勉強についても、勉強以外についても知見を蓄積させていく手段は十分過ぎる程に存在するので、そこから知識とか教養を吸い取りに吸い取りまくって「賢い」人間になりましょう。当然ですが勉強を否定しているつもりは全くございませんし我々の本分は研究なのでそちらも頑張らないとだめですよ!(笑)

最後まで説教臭くなってしまいましたが、僕はこういった事に再度気付かせてくれた阪吹、更には阪大はとても良い所だと思っています。総合大学の良い所は多様な人に会える所です。そういった組織に関われるこの学生時代は本当に貴重だと思うので、現3回生に限らずまたどこかでお会いした時にお互い素敵だなと思えるような人になれると良いですね。阪吹は現役、OBに関わりなくそういう人に溢れる団体であって欲しい。僕も大学生活ラスト一年駆け抜けたいと思います。

遅くなりましたが、2019年が皆様、特に阪吹にとって良い年でありますように…。

2018年度木管セクションリーダー 煎茶

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 20:02 | Comment(0) | 木セク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。