2019年02月17日

明けまして

はじめまして。大阪大学吹奏楽団50期団長に就任しました船蔵(ふなくら)と申します。阪吹ではカレタス・ド・マールと呼ばれています。下の名前は颯(はやて)といいます。

初めてお会いする人に「カレタス・ド・マールです」と申すと、大抵「えっ、なにそれ??由来は??」と言われます。そして僕が由来を説明すると、由来を聞いてきたその人は多くの場合「こんなにクドクドと説明されるとは思わなかった」とでも言いたげなゲンナリした顔をされます。悲しいです。

コンビニのエクレアはLAWSONが世界一だと思います。

さて、昨日のことになりますが、冬のオフが明けてとうとう新しい阪吹の一年がスタートしました。同期の2回生たちが団の中心となって活動している様子を見て、「ああ、ついに最後の年か」としみじみ思いました。

ちなみに僕は「オフ明け」を上手く発音できません。どうしても「オヴ明け」とプロナウンスしてしまいます。オヴ、オヴ。

昨日は早速、サマコン曲の合奏がありました。初めての合わせなのでまだ探り探りではありましたが、みんなひさしぶりの合奏を楽しんでいるようでした。僕もみんなの表情を見て、阪吹のある日常をとても幸せに思いました。

僕は毎回の練習に行くのがとても楽しみです。みんなにも、そう思って欲しいと思っています。盟友ケンジ卍も言っていましたが、この一年、最高の年にしたいです。

みんなが「本当に楽しかった、頑張ってよかった」と思えるように、精一杯頑張ります。阪吹OBOGの先輩方をはじめとする、いつも阪吹を支えてくださっている皆様、今年も阪吹の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

大阪大学吹奏楽団50期団長
船蔵颯(カレタス・ド・マール)

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 18:43 | Comment(0) | 楽団長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。