2019年04月09日

自転車ってエコですね

ご無沙汰してます。木セクのあうるです♪


新学期初めての練習はマンハッタンロールの合奏でした!見学に来てくれた新入生がこの曲の難解さに困惑していないか少々不安です(笑)(まぁわたしが出した曲なんですけどね)ちなみに日本初演になるそうです!ぜひサマーコンサート(6/9)を聴きにいらしてくださいね(o^^o)
↓合奏風景
7C37F3F9-CAEB-474A-9AAD-BED105CFC4C2.jpeg

この曲は6/9のサマーコンサートにて客演指揮者である久保田善則先生の指揮で演奏します。
阪吹ではサマコンと定演に客演指揮者として久保田善則先生をお招きしています。久保田先生は昨年まで大阪フィルハーモニー交響楽団打楽器奏者として活躍されていました。
わかりやすく熱のある指揮と優しくも明確な指導で阪吹の演奏を導いてくださいます。
音楽以外でも広く深い知識をお持ちで、合奏等でも歴史、怪談、プロレス(!)、ちょっとした駄洒落(?)など様々なジャンルのお話をしてくださいます。そんな久保田先生の合奏がわたしは毎回とっても楽しみです。最近の久保田先生というと自転車で阪吹の練習場所であるボイラーまで通っていらっしゃるようで自転車の例を用いたアドバイスが増えています(笑)(これまたわかりやすい)

書き残していましたが、先述のとおり久保田先生は打楽器奏者としての顔もお持ちです。わたしも大フィルの演奏会を何度か聴きに行きましたが、様々な楽器でそれぞれの曲の場面に合った音色を引き出していた姿が印象深いです。

もう大フィルで久保田先生の演奏を聴けないのか〜と落ち込んだあなたに朗報です!
\ じゃん /

15E6A50F-AE2F-4B08-AB05-42ABFDB5D4CA.jpeg
5/6(月)にKing's gambit wind orchestra(通称:ギャンビット)という吹奏楽団の演奏会があるのですが、そこでなんと打楽器奏者久保田先生と吹奏楽のコンチェルトが聴けます!プログラムでいうとヤントラ〜打楽器と吹奏楽による協奏曲〜/中村滋延 ですね。1991年に改訂版を初演したのは東京佼成ウインドオーケストラとソリスト久保田善則先生だそうです。ギャンビットには阪吹現役だけでなく阪吹OBからも多数の人が参加しています。なかなかの重量級プログラムですがぜひ聴きに行ってみてはいかがでしょうか??

(なおわたしは出演しておりません)

それではまた。木セクあうるでした(^^)/~~~



【セクション・リーダーの最新記事】
posted by 大阪大学吹奏楽団 at 20:22 | Comment(0) | セクション・リーダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。