2019年06月08日

夏のはじめのアンチ・レアリズム

こんばんは。団長の船蔵です。
最近フルートやクラリネットの女子にキモいと言われることが多く辛いです。

さて、明日はいよいよ大阪大学吹奏楽団の第39回サマーコンサートでございます。いまいちど日時などをお知らせいたします。

2019年6月9日(日)
あましんアルカイックホール(最寄駅:阪神尼崎駅)
開場17:30 開演18:30

明日の演奏会に向けて、今日までたくさんの時間や努力・苦悩を積み重ねて来ました。明日はその積み重ねの一番上に、最後のひとかけらを乗せる日です。そうして出来上がった、生命の塊すべてをもって、僕にとってのサマーコンサートは完成します。

ところが、お聴きになられるお客様方にとって、サマーコンサートは明日の、2時間半程度のものでしかありません。このことを忘れないようにしたいです。いわゆる「察してちゃん」にならず、これまで丁寧に重ねてきたものをすべてお見せできればと思います。

そのためには、ただ音を出すだけでは十分でないのだろうと思います。音でない何か、目に見えない何かを、伝えたい。伝わってこそ、生の演奏である意味は大きいのだろうと思います。

今年のサマコンも、大きな事件もなく無事に本番を迎えることができそうです。阪吹を支援してくださるすべての方々に感謝いたします。明日もきっと、お客様・奏者共々にとってとても楽しいステージになることでしょう。

団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。IMG_20190608_214930.jpg

【楽団長の最新記事】
posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:00 | Comment(0) | 楽団長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。