2019年09月22日

定演まであと3ヶ月

こんにちは、阪吹副指揮者の瀧です。ご無沙汰しております。

今日は9月22日(日)。阪吹の定演は12月22日(日)なので、今日で定演まであと3ヶ月となります。

3ヶ月という時間、長いように感じてきっとあっという間に終わってしまうことでしょう。夏合宿で得たものを以後の練習に活かせているだろうか。サマコンを通して得たこと・感じたことを今の練習に活かせているだろうか。この3ヶ月をいかに実りのあるものにするかは、どんな気持ちで日々の練習に臨むかによって大きく変わります。それを忘れないように、改めて気を引き締めていきたいです。

ところで、この3ヶ月が過ぎれば、3回生の先輩方は引退されます。

昨年の4月に入団して、阪吹で先輩の姿を近くで見てきました。私は指揮者に就任してから、去年の先輩方の姿と今の自分の姿を見比べることが多々あります。

昨年の先輩方のように自分は先輩として振舞えているのか?
阪吹のために必要なアクションを幹部としてとれているのか?
指揮者として自分を選んでくださった方々の期待に、今この瞬間応えられているのか?

…今の自分に対する答えは言うまでもない。この答えを全て変えるには、今自分に足りないものは何かを考える必要がある。それはぼんやりと頭に描くのではなくて、もっと具体的な動きに起こして探すことでやっと、足りないものが見つかるのかもしれない。

少しでもそれを見つけることができれば、3ヶ月後の定演を良いものにできるだろうし、その先の阪吹も引っ張っていくことができるだろう。

3ヶ月よく考えて定演に臨みたいと思います。ひとまずあと3ヶ月、どうかよろしくお願いいたします。

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 14:07 | Comment(0) | 副指揮者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。