2019年11月21日

定演1曲目は「い"gずrたぁて」です

こんにちは、自分に嘘をつけない副指揮者の瀧です。

定期演奏会に向けての準備が着々と進んでおります。ということで、今回から定期演奏会の曲目を順番に紹介していきましょう!

1曲目にお送りしますのは、サミュエル・R・ヘイゾさん作曲の「Exultate」という曲です。
長さはおおよそ3分なので、カップラーメンを作っている時間で聞けます!あ、でもホール内でカップ麺を作らないでくださいね。ダメです。

この曲はアメリカのとある大学の音楽学部長によってヘイゾさんに委嘱された作品です。最後までとても輝かしく駆け抜けるこの曲は、実はこの大学の新たな学長の就任式のフィナーレを飾る音楽として演奏されました。今回は定演のオープニングを飾る曲として、華々しく演奏いたします。

ちなみに、皆さんこの曲名、読めましたか?僕ははじめ読めませんでした!

英語としては「い"gずrぁて」と読むそうですが、元はラテン語の単語のようで、その発音は「っkするたぁて」となります。違い分かりますかね?ラテン語の方が濁りが少ない感じです。ちなみに僕はしばしば「エクサルターテ」と読んでいます。

この語は、ラテン語では「飛び跳ねる」という意味で使われており、それが転じて?かは分かりませんが英語では「大喜びする」という意味で使われております。つまり、「Exultate」は「やったー!」という意味とも捉えられますね!

やったー!ほらほら、なんか曲の冒頭で繰り返される動き、「万歳〜!万歳〜!」に聞こえてきませんか?喜びに満ち溢れていますね!!

皆さんが僕の感性に疑問を抱いたところで、今回のブログは幕を閉じようと思います。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。定期演奏会、ぜひお越しください!

次の曲は「オペラ座の怪人」です!


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 00:00 | Comment(0) | 副指揮者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。