2019年12月11日

ハイカロリーフルコースな演奏会はいかがですか??

みなさまこんにちは〜
木セクのあうるですきらきら定演前最後のブログリレーが始まりました!!!

最近のわたしはと言いますと、1ヶ月程前にToDoリストアプリを入れたのですが、怠惰であるゆえにリスト化することを怠ってしまい、優先順位を再び見失ってます。くぅーーっ、がんばります。
さて、何を書こうか考えることを後回しにし続けたあうるは何を言い残すのでしょうか、、、乞うご期待!!!

ここで手が止まってはや1日、、、




こんな怠惰なわたしでも吹奏楽を9年間も続けられているのはとても恐ろしい話です。考えてみれば吹奏楽を続けていても楽しいことなんてそうそうしょっちゅうあるものでもないです。うまくいかなくて悔しかったり、なかなか上達できずに苦しかったり、そんな自分に絶望したり、、努力も必ずしも報われるわけでもなく才能の壁や運の壁や時勢の壁に阻まれたり、、、楽しいことってなんだ、、、え、、、
なんだかネガティブモードになってしまいました(笑)

こんなわたしが一番楽しいと思う瞬間は本番で演奏している瞬間です。本番はどうなろうといちどきりしかありません。だからこそとってもわくわくして楽しいです。
どんなに失敗しても、どんなにもう一回やりたいと嘆いても、絶対にいちどきりしかないです。残酷でありながらも、だからこそ楽しくて美しいな、と。

皆さんは「レシピの女王」というTV番組内の企画が放映されていることをご存知でしょうか??わたしも2回くらいしか見たことないのですが()
主婦たちがアイデアレシピを披露してプロの料理人に食べてもらい、一番美味しかったレシピを決めるという趣旨の番組です(曖昧な記憶)。ここで重要であるのが料理人たちの目の前で時間内にどんなことがあろうとも料理を完成させて出すということです。完成した料理をあらかじめ用意しておくわけではないです。
これはあくまでも個人の見解ですが、少し音楽と似てるなぁと思いました。(以下、あくまで個人の見解)

「練習してきた成果を出そう」みたいな言葉をよく耳にしますがわたしはあまり好きではない。出前を配達するわけではなくてその場で調理している某番組と同じです。練習してきてどこをどうしたらうまくいくか把握してはいますが、その場でうまく素材同士を反応させて解け合わせて料理も音楽もつくっていくのかなと。この点でレシピの女王というか、そもそも料理と音楽との共通点をわたしは感じとりました。
味も音も不可逆です。一度化学反応を起こしてできてしまった味はもう元には戻れませんし、音も一度鳴った響きをいじることはできません。
レシピはスコアや楽譜だと思っています。まだまだレシピ作成者の意図を汲みきれていないところもあるでしょう。レシピを今一度見直してみると新たな発見があるかもしれません。
料理と音楽の違いはまぁ色々あると思いますが、素材≠奏者だなと。素材は受動的に他の素材と組み合わされて反応させられていきます。一方で、奏者が出す音は他の奏者との調和であったりあえてぶつからせることであったり様々な意図を持って主体的に他の音と反応させていくことができます。超絶当たり前のことしか言ってなくて飽きてきましたかね(深みのある文章を書けるようになりたかった)。本番の料理が美味しいものとなるように今は練習して化学反応の術を身につけていかねばなりませんね。
こんな化学反応を完成したものとして持ってくるのではなくその場で起こしていくのですからわくわくして仕方がない。

その場でいちどきりでしかつくり得ないものだからこそ、「もう一回やりたい」は通用しません。もう一回がないからこそ、そこに美しさがある気がします。

ほんっとうに正直な気持ちを書きますと、今は本番が来るのが不安で来てほしくないみたいな気持ちもないことはない(婉曲すぎる)ですが、
最終的には、聴いてくださる方の目の前で料理する、音楽するのが「楽しみで仕方がない」「ワクワクする」「早く披露したい!」という気持ちでもって本番を迎えたいとわたしは思っていますきらきらきらきら

たくさんのめちゃカロリー高い()料理をお出しする準備を整えてお待ちしています!!!12/22は長岡京へ!!!

8B8D5AB5-5EA9-4BBA-8AD1-8F6207E2DD6D.jpeg
おなかすいてきた


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 15:44 | Comment(0) | 木セク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。