2019年12月31日

【終焉】運営幹部より皆さまへ【サヨナラ】

こんにちは、50期団長でした船蔵です。ふなくらと読みます。
22日の定期演奏会をもって阪吹を引退しました。最後に相応しい、劇的な演奏会だったと思います。お越しになられた皆さまも楽しんでいただけていれば幸いです。

さてそれでは、先ほどの記事に続きまして運営幹部三人から皆さまへお別れのメッセージを綴らせていただきます。

副団長・河西(まさしくまさこ)より
 最後の定期演奏会を終え、この3年間を振り返ると、辛いこと楽しいこと含め本当に色々なことがありました。
 1年目は、周りのレベルの高さや曲の難しさに、必死で追いつこうと努力した1年間でした。1年生の初めての定期演奏会、アンコールでほとんど音が出なかった悔しさを今でも強く覚えています。 
 2年目は、自分にできることを探し、阪吹における自分の価値は何なのか模索した1年でした。トランペットを初めて12年経ち、自主練を繰り返してもうまくいかない、楽器の腕への頭打ちを感じた時期でもありました。その中で、楽器のうまさ以外で阪吹に貢献できることはないか探し続け、事務作業や会議の改善などに手を出して行きました。
 3年目は、阪吹から手を離した1年間でした。学生団体、長期インターン、就活など、阪吹をそこそこにどんどん外へ出て行きました。沢山の経験と成長を得られた一方で、団員や他の幹部に迷惑をかけてしまったことを本当に申し訳なく思っています。それでも夏の間阪吹を離れることに対して、(色々思う所もあっただろうに)優しく背中を押してくれた運幹の2人には心から感謝をしています。
 引退してから一週間が経ち、もう練習に行かなくていい、心置きなく就活ができるという解放感よりも、もうボイラーで阪吹団員として笑い、泣くことは無いのかという寂しい想いが大きいです。これまでの私の大学生活3年間に、阪吹がしっかりと根付いていたのだと、実感しました。
 阪吹は、本当にいい場所です。様々な価値観の人がいて、様々な背景の人がいて、そしてみんなが一つの音楽の完成を目指して努力しています。そこには決して、目に見えるような物理的な利益はありません。社会に出てから、そんな集団にどれだけ出会えるでしょうか。大学生の間に、阪吹というこの素敵な環境に3年いられたことを、私はとても誇りに思います。
 最後になりますが、今まで自分を支えてくださった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に3年間ありがとうございました。


副団長・高森(隆盛)より
このブログを読んでくださっている皆様、1年間、阪吹を応援してくださりありがとうございました。
この1年間、阪吹生活の中で常に頭にあったのは、引退までに残された時間が確実に減ってきているという実感でした。阪吹のような学生団体では、代替わりは不可避なイベントであり、誰しも必ず引退を迎えます。引退までに残されている時間は機械的に決まります。自分で引き延ばすことはできません。その時間内でどれだけ阪吹を楽しめるか、どれだけ阪吹に貢献できるか、常に自分の「引退」までを見据えながら活動すれば、辛いこと、苦しいことも乗り越えられるのではないかと思います。
僕たちの代は阪吹を去りますが、阪吹との関わりがなくなるわけではありません。阪吹で得た先輩、同期、後輩との関係は、一生続く物だと確信しています。次の代の阪吹も、その後の阪吹も、阪吹のOBとして、そして阪吹のファンの1人として、応援していきたいと思います。
読んでくださっている皆様も、これからも阪吹を応援し続けていただけると嬉しいです。

団長・船蔵(カレタス)より
お陰様で第49回定期演奏会を無事に終演いたしました。皆さまのご協力に感謝いたします。
これをもって3回生は引退し、団長や指揮者をはじめとする幹部メンバーも交代の時がやって来ました。私たち50期幹部のよい部分を引き継ぎ、そして改めるべき部分については是非、議論を重ねて欲しいと思います。
新年度とともに新たなメンバーが加わり、新たな阪吹が本格的にスタートするでしょう。記念すべき第50回定期演奏会に向けて、後輩たちがずっと前から準備しているのを見てきました。きっと素晴らしい演奏会になるでしょう。陰ながら、卒論を書きながら、応援しております。
最後の定期演奏会が終わり、こうして最後の記事を書いていると、今が阪吹団長としての最期であることを実感します。阪吹公式アカウントもこっそりログアウトしました。とはいえ、このメンバーで作る音楽の素晴らしさは忘れられねぇ!ということで、まだはじめの一歩を踏み出したばかりですが、50期中心でOBOG吹奏楽団を企画しております。是非、またそこでお会いしましょう。
では、そろそろお別れです。繰り返しになりますが、阪吹に入団してから今日までお世話になったすべての方々に感謝いたします。さよなら2019!さよならボイラー、さよなら阪吹!

ではではほんとにお別れの時がやってまいりました。このブログともそこそこ長い付き合いで、誰が読んでいるのかよくわからない&他の幹部の記事が伸びるとなんか悔しいので、なかなか書く内容で悩みましたが、ブログという形で普段お会いできない方々と繋がることができるのはよいですね。どうもありがとうございました。

今後の阪吹がますます繁栄するよう、どうか皆さまこれからも応援よろしくお願いいたします。最後のブログなので公開ボタンを押したくないのですが、潔く散りたいと思います!

BE STOIC!

2019年12月31日
運営系幹部一同
IMG_0634.JPG


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 17:49 | Comment(0) | 楽団長

2019年12月21日

みんなに、ありがとう。

こんばんは。団長の船蔵です。明日はいよいよ私たち50期生にとって最後の定期演奏会です。
もはやここへきて多く語ることはありませんが、この場を借りて、改めて皆様にお礼申し上げたく思います。

先ず、幹部としてともに一年間活動した卍、瀧、けぷらー、あうる、高森、まさこへ。本当にしんどい時期もありましたし、他の団体などと意見が合わず苦労もありましたね。そんな状況でも途中で投げ出したり余計な気を遣ったりしない人たちで、率直な意見交換ができたことを嬉しく思っています。このメンバーを僕は誇りに思います。今まで本当にありがとう。

そして団員のみんなへ。僕はこの団の音楽的なオモシロさに貢献することはなかなか出来ないので、なにか別のやり方でみんなが笑ってくれたらいいなと思ってやってきたつもりです。ですが、むしろ僕の方がみんなの笑顔に助けられました。また、団がより良くなっていくための意見もたくさんもらいました。
今まで僕を支えてくれてありがとうございました。明日まで、僕に出来ることをやり切ります。頑張ろうね。

そして、阪吹OBOGをはじめとする、阪吹を応援してくれている皆様。阪吹の合奏を見てくださったり、イベントを紹介してくださったり、そして演奏会を聴きに来て下さったり...様々なシーンで阪吹の励みとなって下さりました。本当にお世話になりました。明日はぜひお越しになって、声をかけさせてください。

これまで自分が団長として取り組んできたことを思い返すと、どれだけ自分が支えられているかをひしひしと感じます。ここに挙げきれなかった皆様も含め、これまで本当にありがとうございました。

どんだけお礼言うねんという趣ですが、それだけ感謝しております。言い足りないくらいです。

さて、明日はチョー大切な本番の日ですから、そろそろ失礼させていただこうかと思います。難しい曲ばかりで、演奏中はかなり集中していなければいけません。でも明日はどうしても色々考えちゃうだろうなあ...


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:06 | Comment(0) | 楽団長

2019年11月23日

AudiviMediaNocteは最高にアツい

こんばんは、団長の船蔵です。

今日は本番を意識した全曲通しの日でした。上手くいった部分、もう少し改善すべき部分をしっかり見きわめて、本番への糧となればよいですね。


さて、定演曲紹介シリーズでこの僕が担当しますのはOliver Waespiさん作曲の"Audivi Media Nocte"です。曲名は、「私は聴く、真夜中に」という意味だそうです。


この曲には、僕を含めて6名のソリストによる非常に技巧的でかつ印象的なソリが含まれており、ソリストと指揮の先生だけで練習することもしばしばあります。ちなみに今日は、ソリストと指揮の先生とでカフェに行ってきました。カフェに向かう道中、何故か先生の中で新たな経路を発見したいというスイッチが入り、見知らぬ道に入っては行き止まりに阻まれ続けていらっしゃいました。


さて、そんなソリストたちが注目されることの多いこの曲ですが、僕はソロ以外の部分も、いやむしろ、ソロ以外の部分の方が好きかもしれません。ファンクのところなんてもうアツアツで、僕はファンクの部分は演奏していないので座って聴いているのですが、ついつい体が踊ってしまいます。本番ってきっと、あんまり動いちゃダメですよね。悲しい、本当に。


ひとつひとつのフレーズはとてもヴェースピさんらしいというか、この方の他の作品に通じる特徴が多く含まれていますが、一方で意表を突くような表現が随所に散りばめられています。とくに打楽器は、「えっ、そこから打楽器入ってくるの?」と思わせる箇所がいくつかあります。


また、ひとつの曲の中に色々なジャンルが詰まっていて非常に面白いなと思います。もう何回も聴いていますが、全然飽きないんですよね。ザクザクのファンクから、叙情的なセクションへと移る瞬間なんてもう堪りません。鳥肌が立ちます(団員への注記:練習番号AAです)


ひとつのフレーズを見ても、曲全体としてみてもめまぐるしく表情を変えるこの曲に、客席のあなたは全身の細胞が熱くなり、脳が躍るのを感じるでしょう。スーツでカチッと決めてヘタなこと出来ない僕の代わりに踊ってください。


1222日は長岡京ホールで、最高に熱い時間を共有しましょう。



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:57 | Comment(0) | 楽団長