2018年05月13日

めいくいっとゆあせるふ 

こんにちは、正指揮者のYZOです。
GWが終わって一週間。そろそろ皆さんも普段の生活リズムを取り戻せてきた頃でしょうか。

5月12日にプレコンサート(プレコン)がありました。プレコンとは演奏会の約一カ月前に実際に本番を模して全曲通して演奏しようというものです。審査員兼お客さん役としてOBの先輩方をお招きして演奏会は始まりました。この演奏会の見どころとして先生曲を学生指揮がホールで代振りをするという最近阪吹においては珍しい試みがありました。ホールでの響きや位置関係、またポップスステージの流れの確認なども含め、2月から始めた練習の成果を本番までの中間地点として皆で把握することができました。

ところでプレコンって何のためにやるのでしょうか。
僕はプレコンとは「ただ全曲を通してみるだけのリハーサル」ではなく「自分の音楽を身体から出す練習」であると思っています。

学生の音楽団体において、本番の演奏が練習の時よりも何倍もよかったね!という話をよく聞きます。これは本番ならではの集中力も理由の一つではあると思いますが、「これでもう最後だ…!」とか「最後の一音まで楽しみたい…!」という熱い気持ちによるところが大きいのではないでしょうか。全員が、今まで磨き上げてきた自分の音楽を全力で表現しているというのは必ずお客さんにも伝わり、心を打つものがあります。

しかしこの理屈では別れの季節に行われる演奏会は例外なくブラボーな演奏会になり、全米が涙することになってしまいます。話はそう単純でもないようです。

もちろん本番がよくなったという話がある一方で、練習ではできていたのに本番では上手くいかなかったという話も往々にしてあります。いくら演奏会マジックがあったとしても自分の音楽を思った通りに表現するというのはそう簡単にできるものではありません。ましてや本番のあの瞬間にパッと作り出すことはできないのです。

このため僕は、本番を想定して自分を引き出す練習が必要であると考えています。ハイトーンの練習や連符の練習をして楽譜通り吹けるようになるだけではなく、自分は本番でどういう表現をしたいかなと理想の音楽を考えること、そしてどうすれば表現できるかなと工夫すること、それが練習に欠かせない要素だと思います。そしてそのアウトプットの仕方が身体にしみついていれば、きっと本番のあの瞬間に自分の内に秘めている音楽を学生ならではの熱い気持ちに乗せてホールに響かせることができるはずです。

そう考えるとプレコンはとても有意義なものです。
本番を最もイメージしやすい環境が整っています。
ここで全力をだして「自分はこう吹きたいんだ!」と思って演奏できた人は、きっと本番も満足いくものになるはずです。もし自分なりに吹いた結果、演奏が乱れてしまったのなら残り1カ月で少し修正すればいいだけのこと。技術が自分の音楽に追いついてくれればもう完璧ですね。
そんな風に前向きに考えていたらなんだか残り1カ月が楽しみになってきました。

さて、お気づきの通りこの記事では
「本番」と「自分」という単語が多く使われています。
長話になってしまいましたが、結局のところ

「本番」を作るのは「自分」のようです。


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 20:15 | Comment(0) | 指揮者

2018年03月20日

趣味は多い方がいいと思うのです@正指揮者

こんにちは、正指揮者を務めさせていただきます、YZOです。
去年のブログも見ていただいている方は、「またお前か」となっていることだろうとお察しします。どうかこの新体制でもよろしくお願いいたします。

YZOは「わいぞー」と読みます。大阪大学理学部生物科学科所属です。出身…はどこでしょう、いろいろな場所に住んでいたので大阪兵庫京都石川の文化を併せ持ちます。音楽歴としては3歳からピアノ、中学からクラリネット、大学から指揮を始めました。音楽に関係することでは他にも歌を歌うことも好きですし、最近では演奏会の影アナウンスなどもするようになりました。どの分野においてもど素人ですが幅広いジャンルに熱を注いで取り組むことができるのは喜ばしいことです。

そんなわけで結構趣味があります。一番の趣味はお菓子作りですかね。シュークリームとベイクドチーズケーキがお気に入りのレパートリーです。老後はカフェでもやってみたいなあと思ったり…。音楽喫茶とか…。他にも茶道、競技かるた、ビリヤードなど微妙な趣味もたくさんあります。実は運動もソフトボールや水泳は結構やっていました。このように話題は豊富に取り揃えていますので、皆さんいろんなお話待ってます。

自己紹介はもういいですね。自分についてを文面にするのは難しいです。
副指揮者時代に引き続き、常に挑戦し、成長し続けることを大切にして頑張っていこうと思います。しっかり者の運営幹部、頼もしい音楽幹部、真面目なパートリーダー、やさしい団員達、応援してくださる方々。どうかよろしくお願いします。

次回は副指揮者のKENJI卍君です。けんじ君は早くも幹部の仕事が板についており、頼もしいものです。去年の今頃とかホント何したらいいかわかってなかったからなあ。
パパと教本買いに行ったのも懐かしいですね。泣きそう。


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:42 | Comment(0) | 指揮者

2018年02月13日

演奏会に行こう

3回生のみなさん。引退から早1ヶ月半、どうお過ごしでしょうか。定演後からバイト三昧、気づけば年明け、あっという間にテスト期間、終わらないレポートなんて人もいませんか?

そんなあなたたち(といつも見てくださってる皆さん)に私から最後のメッセージです。

とても極端な言い方になるけど、大学に入って吹奏楽を続ける人や新たに始める人ってめっちゃ"物好き"だと思うんですよね。特に阪吹に入る人。これだけ時間を制約されて、お金も持っていかれるのに、どう頑張っても趣味。もっと他に選択肢もあるはずなのに…

それなのに何故続けてしまったのか。当然、この答えは一人一人違ったものになるでしょう。

私の答えはこれです。

「人との繋がり」

これに尽きます。"吹奏楽"というひとつのツールで他人とのコミュニケーションをとる。それだけです。

僕と出会ってくれてありがとう。貴重な、大切な時間を与えてくれてありがとう。

"阪吹"の活動はもう終わりましたが、ぜひ音楽を、吹奏楽を続けてて下さい。そうしてくれれば、またどこかでお会いできるかもしれません。

吹奏楽を"続ける"というと、あたかも楽器演奏を続けるかのような印象を受けます。しかし、変な話ですが吹くだけが吹奏楽ではないと思ってます。

歌謡曲やロックバンドを聴くのと同じように、頑張って嵐のチケット当てようとするのと同じように、たまには吹奏楽も聴いてみてください、演奏会行ってみてください。何も特別視する必要はありません。たまたま吹奏楽をやってただけで、それは音楽のひとつに過ぎないのです。

というわけで本日の本題。「演奏会に行こう」と題しまして、同期や後輩たちが出ている関係各所の演奏会をひたすら宣伝いたします。

ちなみに昨日はKing's Gambit Wind Orchestraさんの5th Your Concertでした。宣伝間に合わなくてすみません。次回は5/6(日)に第6回定期演奏会をされるそうです。

@関西学生メモリアルコンサート2018
IMG_20180213_042352-e6e70.jpg
実は奏者として出ています。今シーズン唯一の出演です。

A2018年関西学生サックスオーケストラ

IMG_20180213_042424.jpg
基本サックスでなんでもしてしまう魅力的な演奏会です。同じ木管吹きとしては羨望の眼差しで見つめています。

B17th Trombone Festival

IMG_20180213_042540.jpg
基本トロンボーンでなんでもしてしまうどえらい演奏会です。個人的にはアルメが楽しみ。

Cまちかね山吹奏楽団第16回定期演奏会

IMG_20180213_042559.jpg
実は阪吹の大先輩方を中心に結成されたそうです。今回紹介するもので唯一チケットが必要です。その価値は十分にあります。ぜひ。

DGinkgo Biloba Wind Orchestra第4回定期演奏会

IMG_20180213_042659.jpg
こちらも阪吹の大先輩方が中心となって活動されています。チラシがステキですが演奏もステキです。

E金吹第1回定期演奏会

IMG_20180213_042714.jpg
私のひとつ上の正指揮者さんを中心に結成された出来立てほやほやの楽団です。かなり熱心に練習されています。果たしてそのサウンドは如何に!?

この時期は世の吹奏楽的にはアンサンブルコンテストのシーズンですが、私の周りは何故か演奏会ラッシュです。尼崎で少し吹いたら豊中から池田まで出没いたします。

僕はこうして吹奏楽を続けることになるんだと思います。どうか引退したみんなも、どこかで続けていて下さい。元正指揮者からのメッセージでした。

ありがとう。

大阪大学吹奏楽団 2017年度正指揮者 ゴル・ゾー


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 08:02 | Comment(0) | 指揮者