2018年05月19日

脱リップ・ヴァン・ウィンクル!

おはようございます!
副指揮者のKENJI 卍です!

最近は暑い日が続いていますね。この間の合奏も熱気と湿気のダブルパンチでした。こういう季節の変わり目は体調が崩れやすいですが、皆様は大丈夫でしょうか。え、僕?僕は今とっても元気です!

というのも、昨日から浜松で行われているJBC(ジャパンバンドクリニック)に参加しており、吹奏楽界では著名なあんな人やこんな人の講座を受けたり、お話ししたりしています!濃密な時間に圧倒されたじろぎながらも、絶賛満喫中で御座います^_^。早くこのクリニックで得たものを次の合奏に活かしたい気持ちでソワソワしてます!
このために4月からの新学期も何とか今までこなしてきました。課題も頑張ってこなしてきた自分へのご褒美ですね。いや〜よくやった(なお今学期はまだ半分も過ぎてない模様)。

課題と言えば、僕の専攻は英米文学英語学でして、数週間前に「リップ・ヴァン・ウィンクル」というアメリカ文学を扱いました。簡単なあらすじはこうです。

アメリカ独立戦争から間もない時代、呑気者の木樵リップ・ヴァン・ウィンクルは口やかましい妻にいつもガミガミ怒鳴られていた。ある日、愛犬と共に猟へと出て行くが、深い森の奥の方に入り込んでしまった。すると、リップの名を呼ぶ声が聞こえてきた。彼の名を呼んでいたのは、見知らぬ年老いた男であった。その男についていくと、山奥の広場のような場所にたどり着いた。ウィンクルはそこで出会った不思議な男たちにまじって愉快に酒盛りするが、酔っ払ってぐっすり眠り込んでしまう。ウィンクルが目覚めると、町の様子はすっかり変っており、親友はみな年を取ってしまい、アメリカは独立していた。そして妻は既に死去しており、恐妻から解放されたことを知る。彼が一眠りしているうちに世間では20年もの年が過ぎ去ってしまった。(Wikipedia参照)

浦島太郎を想起させるような内容ですが、このストーリーのコンセプトは、浦島太郎とはすこし違うようです。アメリカ英語で”Rip van Winkle”は、「(眠るなどして)無意識に時を過ごしてしまう人」のことを言うそうです。時は金なりとはよく言ったもので、時間というのは自分がボケーっとしていれば無慈悲に過ぎていきます。「JBC期間中、リップ・ヴァン・ウィンクルにならないようにしよう」と言うのが今週末の僕の目標です。

さて、プレコンが終わり、本番までの残りの合奏も2回または1回となってきました。ここ最近はみんなの熱気も伝わってきてノビも大きくなり、毎回の合奏がとても楽しいです。
だからこそ、大切なことは、次の合奏までに個々人が合奏でできたことを持続(場合によってはより上達)させておくことだなと思います。ある曲の合奏と同じ曲の次の合奏の間の期間、メンバー1人1人がリップ・ヴァン・ウィンクルにならないように努めるか否か、がカギですね。

という最近思ったことをここに綴らせて頂きました。長くなってしまいましたねあせあせ(飛び散る汗)
残り3週間、悔いのないよう精一杯頑張っていきましょう!!!

副指揮者 廣瀬優生(KENJI 卍)

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 07:20 | Comment(0) | 副指揮者

2018年03月25日

まじ卍

こんにちは!暖かくなったと思いきやまた寒くなったりと、春らしい天気になってきましたね。
今期から副指揮者をつとめる、廣瀬優生(ひろせゆうき)です!以後お見知り置きを。

初めてのブログ、何を書けばいいのかわからないのでとりあえず自己紹介していきます!

所属は文学部人文学科英文学・英語学専攻です。あれ、見覚えがありますか?実は、元正指揮者のゴル・ゾー先輩と同じ所属なのです!
小さい頃にピアノを嗜み、中学校からサクソフォンを始め、高校から指揮をかじり、今こうして阪吹のサクソフォン&指揮をやらせて頂いてます。
出身は、石川県は歌舞伎のまち、小松というところです。僕も歌舞伎の後ろのお囃子で能管という横笛を吹いたことがあります。あとはそうですね、美味しいお水と地元の新鮮な魚を使った郷土料理や和菓子が絶品です。石川に旅行する際は是非ひと声おかけください!
そんなニッポンの古き良き文化に触れてきた影響か、大学のサークルでは「KENJI卍」というあだ名を授かりました。KENJIの由来は、顔が「けんじ」っぽいかららしいです。見つけやすいですね。

と自己紹介はこんなところで。

昨日はフェアウェルでしたね。フェアウェルとは、卒業される4回生の方々かメインで過去に吹いた曲を1日で吹いちゃえ!というなかなかにぶっ飛んだ身内コンサートです。今回は「4分33秒」などの名曲(笑)を再演しました!阪吹の由緒ある歴史を感じた1日でしたね。

歴史といえば、阪吹の歴代指揮者は3代続いて「〇〇ぞー」でしたが、今期になってそのシリーズから脱却しました。ある意味での阪吹の歴史の転換期です。この転換期に伴って、阪吹がより良い演奏のできる団体になるよう頑張っていきます!

と、デカい口を叩いているものの、まだまだ慣れない合奏の日々です(汗)。これからコツコツと勉強して、みなさんと切磋琢磨していきたいです!何卒よろしくお願いします!

次は、ホルンパートのとても対照的な副団長のお二方です!お楽しみに!

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 14:01 | Comment(0) | 副指揮者

2018年02月12日

僕は来年度もいますよ

こんにちは、副指揮者のYZOです。
ようやくテストが終わりかなり遅くなっての更新となってしまいました。
定期演奏会から1ヶ月以上たち、卒団された方も、引き続き阪吹生活を送る我々も
次のステージに向かって日々頑張っているであろう今日この頃。
頑張りすぎて体調を壊さないように気を付けましょう。

僕はこの一年、副指揮者務めさせてきました。
右も左もわからない状態でのスタートでしたが、先輩方のあとを追いかけ、同輩後輩に支えられて何とか二つの演奏会を終えることができました。おかげさまで今では指揮棒を持つ方が右、ということがわかるにまで成長しました。そんな濃密な一年間を振り返っていると「副」は実は恵まれたものなのだということに思い至りました。

この一年、かなり自由にやらせていただきました。いろんなことに挑戦してみたり、試してみたり、うまくいったりいかなかったり。ここまで自由に動けたのは正指揮者さんのサポートやアドバイスあってこそのものでした。面倒な仕事も団を引っ張っていく責任やプレッシャーも、僕はほとんど感じないで音楽と向き合うことができました。

「副」というのは責任が伴うようになる前に、経験を積み成長するためにある概念なのだと思います。もちろん副という言葉がつかずとも、2回生は副最高学年であるわけだし、大学生は副社会人であるわけであり、責任を負う前のモラトリアムな期間ということになります。この期間を自分の成長に使うことができたのは、まさに恵まれていたからなのだなと思います。

感謝だなあ

さて、この文章を書くのが副指揮者としては最後の仕事になります。副指揮者引退です。
最後になんでこんな哲学みたいな暇な話になったのでしょう。
それはこのブログ執筆者の中で僕だけ引退しないので真面目な話かエモい話か迷った挙句、2つを足して3で割って哲学になったからです。これも副指揮者ならではですね。
このブログも自由に書かせていただいたなあ。

楽しかったなあ、副指揮者


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 00:00 | Comment(0) | 副指揮者