2018年05月24日

They are Monsters!!

皆さんこんにちは、金管セクションリーダーのウヌスです。
先日、練習をお休みしてある演奏会に行ってきました。今回はその演奏会についてのレポートを書こうと思います。

Slide Monsters 大阪公演 5/8 19:00〜 豊中市立文化芸術センター大ホール

Slide Monsters とは、日本のジャズトロンボーン界を代表する中川英二郎と、ニューヨーク・フィルハーモニック首席トロンボーン奏者のJoseph Alessiがタッグを組み、「クラシックとジャズの融合」をテーマに結成されたトロンボーン四重奏です。Alessiのジュリアード音楽院での教え子であり、ジャズバンドの指揮や作曲などマルチに活躍するMarshall Gilksとオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団バストロンボーン奏者でソロやアンサンブルなどでも、目覚ましい活躍ぶりを見せているBrandt Attemaをメンバーに迎え、全9公演の日本ツアーを行いました。
今回の大阪公演は大ホールだったのですが、アンサンブルの演奏会で大ホールを使う公演はあまりなく、どう聴こえるのか興味があったのですが、結果この4人には箱の大きさなど関係なく、むしろ広くてちょうどいいと思いました。また、チケットが一般4,000円と高めの設定(大フィル学生席4公演分)ながら、開放されている1階席がほぼ埋まるほどの客入りでした。
さて、肝心の演奏はどうだったかというと、期待以上に素晴らしかったです。ジャズ奏者とクラシック奏者で普段演奏しているステージは違うはずなのにこんなに混ざり合うものなのかと感動しました。彼らは非常に自由に伸び伸びと演奏しており、お互いへのリスペクトが感じれる演奏でした。
僕はいい演奏会というか、アタリの演奏会では、曲が終わりに近づくにつれて「この幸せな時間がいつまでも続いて欲しい」と感じるのですが、もちろん今回の演奏会でもプログラム最後の曲の最後の音を聴くのが惜しい、いつまでも聴いていたいという感情を抱きました。このように感じれる演奏会は体感10回に1回もないと思います。
今回この演奏会で、観客側でこのような感想を受けたのですが、今度は自分たちの演奏で聴きに来てくださった方々にこのように感じてもらえるととても幸せなことだと思います。そして更に、今回僕がSlide Monsters の演奏を聴いてこのような演奏がしたい!と思ったように、聴きに来てくださった方に、阪吹のような演奏がしたい!と思ってもらえる演奏会にするため、あと2週間ちょっと頑張ります!


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:38 | Comment(0) | 金セク

2018年04月05日

吹奏楽のすゝめ

こんばんは!今年度の金セクをやらせていただいているウヌスという者です。以後お見知りおきを。

簡単に自己紹介します!
出身は長崎県。ちゃんぽんとカステラですね。
楽器は中学からトロンボーン一筋です。
学部は文学部、音楽学専修です。
ん?音楽学専修って何?となった方は是非阪大文学部のホームページをご覧になってください。なかなかおもしろいことをしています。

さて、自己紹介はこの辺にして、、
本日は4/7(土)に行われるサークルオリエンテーションの練習がありました!
見学に来てくれた新1回生もチラホラ、、、
中高で吹奏楽をやっていた人も、そうでない人も、大学でどのサークルに入るか絶賛悩み中の時期ではないでしょうか。
そこで、今回は僕が思う吹奏楽の良いところを何点か挙げてみます!
1.合奏であること
どういうこと?と思う方もいるかもしれません。ざっくり言うとみんなでやる音楽である、ということです。
ピアノをやっている方はわかると思うのですが、ピアノは一人で演奏する場合が多いです。管楽器も一人でも演奏することができます。しかし、一人での音楽は良く言えば自由、悪く言えば孤独です。一方、吹奏楽はどうでしょう。管楽器、コントラバスだけでも約20種類、打楽器を入れると30〜40種類もの楽器がそれぞれ自分の役割を果たしながら一つの曲を奏でる。吹奏楽で演奏しているとき、あなたは孤独ではありません。周りを見渡すと一緒に演奏する仲間がいます。みんなで協力し一つの曲を創り上げる、この楽しみは合奏でしか味わうことができない経験だと思います。
2.現在進行形であること
これは(学生)オーケストラとの大きな違いです。学生オケではクラシックの有名曲が多く選曲されます。それらが作られたのは今からおよそ100年〜200年前。それに対し吹奏楽の歴史は浅く、阪吹では近年作曲された比較的有名ではない吹奏楽曲を数多く取り上げてきました。お客様の9割が聴いたことがないような曲を演奏することもあるでしょう。でも僕はそれが阪吹の演奏会のいいところだと思っています。オーケストラの演奏会が「好きな曲を聴きに行く演奏会」だとすると、阪吹の演奏会は「好きな曲が増える演奏会」になったらいいなぁ、と常々思っております。

長々ととりとめのない文章を書いてしまいましたが、何を言いたいかというと、新しく阪吹で一緒に演奏する仲間を絶賛募集中!!ということです。興味のある方は是非4/7(土)サークルオリエンテーションにお越しください!きっと楽しい時間になると思います。


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:40 | Comment(0) | 金セク

2017年12月26日

金管の皆さん必読

金セク みいこです。

まず、先日の定期演奏会にお越しいただいた皆様と、定期演奏会の開催に伴いお手伝いいただいたOB・OGの先輩方、他大学の学生さん、ホール・業者スタッフの皆様に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

楽しい時間が過ぎるのは早いものです。最近入団したばかりと思っていましたが、もう引退とは驚きました。引退も中学・高校に続きもう3回目だというのに全く慣れません。生活の中心核となっていた阪吹での活動が無くなると、生活がガラリと変わりますからこれからの生活への不安もありますし、何より仲間に定期的に会えなくなることが辛いです。思い出を糧に、新たな目標に向かって努力することとします。

今までお世話になりました。ありがとうございました。


〈受験生の皆さんへ〉
センター試験までもう少しですね。勉強の内容はかなり忘れました()が、センター前の時期がしんどかったことは覚えています。大学は良いところです。自由です。粘り抜いて下さい。

阪大で吹奏楽を続けたい・始めたい皆さんに関しては阪吹の団員全員が応援しています。待っています。ラストスパート!頑張って下さい!


〈金管の皆さんへ〉
終演後の幹部からの挨拶の時に言い忘れていたのでここで。

ロビーコールの際に2名の4回生の先輩に「金管のサウンドが分厚くなったね/金管の圧がスゴかった」とお褒めの言葉を頂きました。そうりゅう先輩(Trb・元金セク)とおもち先輩(Hr)からでした。お二方ともあまりお世辞を仰らない(と思っている)ので、とても嬉しかったです。上手な奏者が集まっていたのは事実ですが、ロングトーンや和音の組立を重視したセク練が功を奏したのであれば幸いです。

皆んなが従順で助かりました。誰かボイコットとかしても絶対呼び戻さんって決めていましたが、誰もボイコットしてくれなくて良かったです。笑 ありがとう。

※色紙に、金管の6割の方が「セク練辛かった/しんどかった/キツかった」と書いてました。笑 肉体的・身体的にしんどい練習こそ〈効く〉とかいう考え方ももしかしたらもう前近代的かもしれません。少し考えさせられました。笑 みいこ予測では、来年の金セクはもっと精神的にしんどくなると思います。頭使いそう。頑張ってね!(^◇^)

 金セク みいこ

(おまけ)
↓以下、私が次に出る演奏会の宣伝です。

【金吹 第1回定期演奏会】
2018年3月21日(水・祝)
開場 13時 開演 13時半
入場無料
池田市民文化会館 アゼリアホール大ホール(阪急 石橋駅より 徒歩10分)

<曲目>
春になって王たちが戦いに出るに及んで / D.R.ホルジンガー
アルメニアン・ダンス パート1 / A.リード
吹奏楽のための第1組曲 / G.ホルスト
トレイルブレイズ / G.リチャーズ
ディスコ・パーティV / 金山徹 編
「ラ・ラ・ランド」より ハイライト / M.ブラウン編


Twitter:‎@oretachi_kinpa
大阪大学吹奏楽団の現役団員とOBOGを中心に結成された吹奏楽団です!
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:24 | Comment(0) | 金セク