2019年12月11日

ハイカロリーフルコースな演奏会はいかがですか??

みなさまこんにちは〜
木セクのあうるですきらきら定演前最後のブログリレーが始まりました!!!

最近のわたしはと言いますと、1ヶ月程前にToDoリストアプリを入れたのですが、怠惰であるゆえにリスト化することを怠ってしまい、優先順位を再び見失ってます。くぅーーっ、がんばります。
さて、何を書こうか考えることを後回しにし続けたあうるは何を言い残すのでしょうか、、、乞うご期待!!!

ここで手が止まってはや1日、、、




こんな怠惰なわたしでも吹奏楽を9年間も続けられているのはとても恐ろしい話です。考えてみれば吹奏楽を続けていても楽しいことなんてそうそうしょっちゅうあるものでもないです。うまくいかなくて悔しかったり、なかなか上達できずに苦しかったり、そんな自分に絶望したり、、努力も必ずしも報われるわけでもなく才能の壁や運の壁や時勢の壁に阻まれたり、、、楽しいことってなんだ、、、え、、、
なんだかネガティブモードになってしまいました(笑)

こんなわたしが一番楽しいと思う瞬間は本番で演奏している瞬間です。本番はどうなろうといちどきりしかありません。だからこそとってもわくわくして楽しいです。
どんなに失敗しても、どんなにもう一回やりたいと嘆いても、絶対にいちどきりしかないです。残酷でありながらも、だからこそ楽しくて美しいな、と。

皆さんは「レシピの女王」というTV番組内の企画が放映されていることをご存知でしょうか??わたしも2回くらいしか見たことないのですが()
主婦たちがアイデアレシピを披露してプロの料理人に食べてもらい、一番美味しかったレシピを決めるという趣旨の番組です(曖昧な記憶)。ここで重要であるのが料理人たちの目の前で時間内にどんなことがあろうとも料理を完成させて出すということです。完成した料理をあらかじめ用意しておくわけではないです。
これはあくまでも個人の見解ですが、少し音楽と似てるなぁと思いました。(以下、あくまで個人の見解)

「練習してきた成果を出そう」みたいな言葉をよく耳にしますがわたしはあまり好きではない。出前を配達するわけではなくてその場で調理している某番組と同じです。練習してきてどこをどうしたらうまくいくか把握してはいますが、その場でうまく素材同士を反応させて解け合わせて料理も音楽もつくっていくのかなと。この点でレシピの女王というか、そもそも料理と音楽との共通点をわたしは感じとりました。
味も音も不可逆です。一度化学反応を起こしてできてしまった味はもう元には戻れませんし、音も一度鳴った響きをいじることはできません。
レシピはスコアや楽譜だと思っています。まだまだレシピ作成者の意図を汲みきれていないところもあるでしょう。レシピを今一度見直してみると新たな発見があるかもしれません。
料理と音楽の違いはまぁ色々あると思いますが、素材≠奏者だなと。素材は受動的に他の素材と組み合わされて反応させられていきます。一方で、奏者が出す音は他の奏者との調和であったりあえてぶつからせることであったり様々な意図を持って主体的に他の音と反応させていくことができます。超絶当たり前のことしか言ってなくて飽きてきましたかね(深みのある文章を書けるようになりたかった)。本番の料理が美味しいものとなるように今は練習して化学反応の術を身につけていかねばなりませんね。
こんな化学反応を完成したものとして持ってくるのではなくその場で起こしていくのですからわくわくして仕方がない。

その場でいちどきりでしかつくり得ないものだからこそ、「もう一回やりたい」は通用しません。もう一回がないからこそ、そこに美しさがある気がします。

ほんっとうに正直な気持ちを書きますと、今は本番が来るのが不安で来てほしくないみたいな気持ちもないことはない(婉曲すぎる)ですが、
最終的には、聴いてくださる方の目の前で料理する、音楽するのが「楽しみで仕方がない」「ワクワクする」「早く披露したい!」という気持ちでもって本番を迎えたいとわたしは思っていますきらきらきらきら

たくさんのめちゃカロリー高い()料理をお出しする準備を整えてお待ちしています!!!12/22は長岡京へ!!!

8B8D5AB5-5EA9-4BBA-8AD1-8F6207E2DD6D.jpeg
おなかすいてきた


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 15:44 | Comment(0) | 木セク

2019年12月03日

愛ってなに−−ワイン飲めるようになりたい

みなさまお久しぶりです〜
木セクのあうるです(^^)
阪吹の定期演奏会まであと19日です!20日切ってます!!!この短期間で超人的に成長するのが阪吹です、ですよね、はい。

さて(笑)、
曲紹介シリーズ第4弾きらきら\ぱーん/きらきら
今回は第2部2曲目に演奏いたします、John Mackey作曲のWine-Dark Seaを取り上げます。吹奏楽コンクール等で耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。
ジョン・マッキーといえば、阪吹の過去の演奏会でもアスファルトカクテルやオーロラアウェイクスを取り上げていますが、吹奏楽界で今注目を浴びているアメリカ出身の若手作曲家ですUSA
マッキー氏は作品について彼の妻であるアビー氏に相談することが多く、彼の作品の題名のほとんどはアビー氏によって命名されているそうな。

今回ご紹介する交響曲ワインダークシーもそのうちの一つです。テキサス大学内の音楽学校の創立100周年を記念した同大学吹奏楽団の委嘱を受けたマッキーでしたが、彼にとって初めての30分を超える作品依頼に難渋します。
そこで例によって妻のアビーに相談し、古代ギリシャの吟遊詩人ホメロスの詩「オデュッセイア」に基づく標題交響曲としました。

ちなみに、曲題のワインダークシーとは直訳すると葡萄酒色の海ということになります。ホメロス作のオデュッセイアに出てくる表現を英訳した際にこのような表記になったとのこと。1楽章と2楽章はどちらも、事が落ち着き穏やかになった葡萄酒色の海を背景に幕を閉じていて、曲題としてふさわしい印象的な情景となっています。

以下に彼らがオデュッセイアをもとに再構成・脚色したストーリーをざっくりとではありますが紹介いたします。
ーーー*−−−*−−−*−−−*−−−*−−−*−−−*−
T 傲慢(Hubris)
 オデュッセウスは、トロイア戦争で勝利をおさめ、大量の戦利品を積んで帰路についていた。しかし積荷には「傲慢」も紛れていた。この楽章は彼の凱旋行進曲で幕を開け、続いて行く先々での略奪の場面が描かれる。傲慢の果てに神々の怒りを買った彼らは、最高神ゼウスによって船を打ち砕かれる。船は難破し、海にすべてが飲み込まれる。
U 儚い永遠の糸(Immortal thread, so weak)
 海岸に打ち上げられて生死をさまよっていたオデュッセウスは、海の女神であるカリュプソーに出会う。そこは美しく永遠の命を持つ彼女が一人で寂しく住まう島だった。この楽章は彼女の愛の歌である。彼女は彼を献身的に看病し、愛し、7年もの歳月を過ごした。その間に彼女は歌を口ずさみながら愛の証として金色の糸でタペストリーを織り続けていた。
しかし、ある日オデュッセウスは妻や息子が暮らす懐かしい故郷を思い出す。彼は望郷の思いをカリュプソーに伝える。そして恩知らずにも彼女が与えたものの数々をあざけった。彼女は傷心しつつも、その日の晩のうちに愛の証であったタペストリーをほどいてその糸で再び船のため帆を織り上げた。翌朝、カリュプソーは船そしてワインやパンとともに織り上げた帆をオデュッセウスに渡した。彼女は彼が安全に帰郷できるように穏やかで一定の風を呼び起こしてあげた。そして彼女は彼を見えなくなるまで見送った。−−−たとえ彼が振り向くことなくとも。
V 魂の叫び(The attentions of souls)
 他の神々のオデュッセウスに対する怒りが収まっていないため、彼は帰郷の前に世界の果てでいけにえを捧げなければならなかった。この楽章は暗闇に包まれた冥界の門が舞台となっている。オデュッセウスがいけにえにする動物たちの首を切ると、その魂が彼にまとわりついてくる。それらは彼に甘い言葉でもって彼の命を求めて誘惑してくる。さらにそれらは彼の過ちを責め立てて、帰郷できない彼をあざ笑う。また彼は母の魂にも遭遇するが、彼に気付く気配はなく、実体がないため触れることもできずに打ちひしがれるのみだった。そして冥界では英雄たちの魂でさえも飢えて貪欲なことを知った彼は絶望する。最終的に予言者テイレシアスから帰郷の助言を受けたオデュッセウスは、波のように押し寄せ、甲高く叫ぶ魂たちを振り払って冥界を脱出する。まだ暗闇の中ではあったが、オデュッセウスは前方に故郷の光を見出したのであった。
ーーー*−−−*−−−*−−−*−−−*−−−*−−−*−

アビーとマッキーが再構成したストーリーには原作と齟齬がある部分がありますが、それが顕著に表れているのが二楽章です。原作であれば、カリュプソーは帰郷を望むオデュッセウスを引き止めていたし、オデュッセウスも彼女がくれたものを馬鹿にしていません。ギリシャ神であるアテネやゼウスがヘルメースを通じてカリュプソーにオデュッセウスの帰郷を命じて、やっとこさカリュプソーはオデュッセウスに帰郷の許可を与えています。また全体的によりドラマティックな展開となっていることも特徴的です。カリュプソーを報われない哀れな女性として描き、オデュッセウスのクズさをマシマシ(ほんとにクズ)にして、さらにドラマティックに仕立てることで、カリュプソーの純愛を印象的に演出したかったのではないかと思います。

話は逸れますが、
高校時代にお世話になった方が「音楽するということと愛するということは実質同じ」(ニュアンス)ということをおっしゃっていました。今でも印象的な台詞です。
説明を聞いても当時はあまり理解できませんでした、というか今もよく分かっていません。音楽するというのも、愛するというのも抽象的で幅が広くて難しいです。成人した今でも。

カリュプソーの愛から愛するということを考えましょう。相手と心を通わせる愛、相手を想う愛、献身的に支える愛、時には相手の幸せを優先させる愛、、

恩師は、「演奏する時はそもそも指揮者と奏者の間あるいは奏者間で心を通わせている」とおっしゃっていた記憶があります。そして「相手を思いやった上でそれぞれが演奏でもって応える」と。
他者と心を通わせていく際に、自分の意志を持った上で(自分の意志がないとそれは愛ではなく支配?知らんけど)、他者の反応に応じて自分の演奏をしていきます。そこには互いへの敬意と配慮が必要で、その時々の他者に対する自分の立ち位置をわきまえて音を出す必要があります。時には相手を引き立たせるためにバックに回る必要もあるでしょう。

こんなことをおっしゃっていたのかな。よくわかりません。

なんだか今の演奏には「愛」が足りない気がします。「愛」というのかは分かりませんが。
互いに心を通わせてないし(奏者同士が聴きあっていない、指揮を見れていない)、互いを尊重して対応できていないし(それぞれの音や動きに対応して自分の演奏を構築できていない)、自分の意思も弱くて「支配」になっている気がします(こう演奏したいという意志が弱くて言われるがままに演奏している)。
私もですがもう一度自分の立ち振る舞いを見直してみましょう。定演にお越しくださる方々には「愛」のある演奏をお聴かせしたいと思っています。(ああこれ後で見返すと死ぬほど恥ずかしくなるやつだなあ)

時に激しく、時に冷酷に、時にあたたかく、そして熱く、音楽する私たちの演奏を見守っていただけると幸いです。

IMG_20191108_191207-b7c85.jpg
12/22 17:00開場(幕前演奏は17:10〜です!)
長岡京記念会館
へ是非お越しくださいm(_ _)m



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 17:23 | Comment(0) | 木セク

2019年09月11日

あのピラフともお別れか、、、

みなさま!大変お久しぶりです
木セクのあうるです♫

昨日まで夏合宿に行っておりました〜
え?今までずっと?そんな!
更新が止まってからの空白の間ずっと合宿に行っていたわけではないですよ〜(高度なブラックジョーク)(更新が急に止まってしまって申し訳ないです)

↓合宿中の全体写真
A3816A7B-A529-4C8C-AACE-E93A527411E6.jpeg
さて、9/5〜10の5泊6日で滋賀県のマキノパークホテルにてみっちり練習してまいりました。私たち3回生にとっては最後の夏合宿でした。ほんのりさびしいな。
普段の練習とは違い、沢山の練習場所があって、しかも合奏場は朝から夜まで一日中音出し可能というように大変恵まれた空間を毎年提供してくださるマキノパークホテル様にはとても感謝しています。またこの5泊6日を特に問題なく終えられたのは合宿係をはじめとして多くの団員の働きがあってこそだと思います。係を引退してしまい係以外でもことさら働いてないフリーターとして感謝申し上げます。ありがとう。

様々な人に支えられた合宿はとても実りあるものになったのではないかなと個人的に思っています。特に基礎力が大幅に上がりましたね。初日と全然音が違う。音程感もだいぶよくなったし音がブレンドしてきましたね。本当に同じ団体かなってびっくりするくらいです。みんななんてったって吸収が早い。ものすごい勢いで成長する団員に飽きられないような練習をしなければと、今回は特にとてもプレッシャーでした(笑)そんなプレッシャーがあってもなお、私個人は反省点だらけですが。
また「自由」の時間に個人のさらいもだいぶ進みましたね。この時間を設けてよかったなと何回も思いました。

団員の皆さんにとって合宿は有意義なものだったでしょうか??たくさん収穫があったと思っている団員がより多くいたら幸せです。
また実りだけでなく悔いもあるのではないでしょうか?2日目に行ったアンサンブルでうまくいかずに悔しい思いをした人もいるかもしれません。思った以上に団員と親睦を深められず後悔した人もいるかもしれません。もっと効果的な練習をできたのにとか思っている人もいるかもしれません。(全部わたしです、ハハッ)
各々が合宿を振り返って、その悔しい気持ちを忘れずに今後に生かしていきたいですね(o^^o)


合宿を終え、大幅にレベルアップした阪吹。これからさらに練習を重ね、1ヶ月後に秋合宿へ行き、そのあと最後の追い込みをかけて、定期演奏会へ向かっていきます。
わたしは早くも今までにないくらい良い演奏会をつくることができるのではないかと期待しています!!!

そんな阪吹の定期演奏会は、
12/22(日)@長岡京記念文化会館
です
ぜひお越しくださいm(_ _)m

↓定期演奏会のビラ
D97BB468-2C08-46FB-9471-06FDFF337701.jpeg


それではまた( ^_^)/~~~
木セクのあうるがお送り致しました〜


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 21:17 | Comment(0) | 木セク