2017年01月12日

卒団しました。@木セク

お久しぶりです。
昨年、阪吹で木セクをやっておりました、まあぼうなすです。
昨年末の定期演奏会で引退しました。
なのでもう肩書きはOBになってしまうわけですね。

世間は年も明けて学校も始まりだんだんと日常に戻りつつあります。
僕の日常はすでに定演までとは大きく変わってしまっています。

毎日学校へ来ると必ずボイラーへ行き楽器を吹いていたのに、卒団生はボイラーには入れないためもう中へ入ることはありません。
毎日楽器も吹けなくなりました。
また以前はボイラーに夜遅くまで居たりしたものですが、バイト以外の日は家に帰るのが早くなりました。

生活の規則は多少なりとも変わるのはまあ当たり前として、卒団した実感があるか、というのが同期で話題になります。

僕の場合はこうです。
まず、卒団したことによるネガティヴ感情。
@みんなと会えなくなった。
一番に思いつくのはこれでしょう。これは寂しいことです。毎日のように顔を合わせていた人とも何か理由をつけなければ突然会えなくなるのです。彼らはまた音楽を共に奏でる仲間でもありました。その機会もめっきり減ります。
A練習場所を失った。
僕は今後も別のところで本番を控えているので由々しき事態です。
B暇になった。
忙しくしている人は急に暇になると何をして良いかわかりません。僕も例外ではなくその1人で、暇が苦痛でしょうがないということに気づきました。

他にもいろいろありますがこのくらいにしておきましょう。

卒団してポジティブな感情もあります。

@自分のために使える時間が増えた。
これまで阪吹のために犠牲にしてきたことに時間を使えるようになりました。勉強や音楽以外の趣味、バイトなど。
A家にいる時間が増えた。
これまでは外で済ましていた食事も、自分でつくるようになりました。これで節約もできるし、生活リズムも整います。

ここまでは上のマイナス面をひっくり返しただけですね。まだあります。

B立場をそんなに気にしなくてよくなった。
僕はもともとわりとちゃらんぽらんでいい加減な人間です。しかし幹部職に就いてるもんですから、言動にも自分なりに気をつけていました。しかしその職を失った今、僕はある意味自由です。
もちろん、幹部職を通して他人への気遣いの大切さや、責任の重さなどなど人として大事なことを育ててきたのでそれらを全く捨て去るなんてことはしませんが、やはり集団の中にいるのと外にいるのでは気分が違います。楽チンです。笑

Cそれまであまり関わってなかった団員と仲良くなれた。
単純に遊ぶ時間ができたのもあります。
阪吹は演奏会の際に団員同士でプレゼントを贈り合います。そこにメッセージを一言添えるのですが、それをきっかけに連絡を取ったり、遊びに行ったりするようになりました。Bのおかげでフットワーク軽くなったのも一因だと思います。


退団してからも交友の続く相手は、おそらく少なくなっていくでしょう。
しかしそうやって続いていく仲間は、そもそも馬が合う相手だったり、現役時代から支え合ったり、尊敬し合ってきた相手だったりするのでしょう。
そんな友達というのは人生で貴重な存在になりそうです。大事にしていきたいものです。

僕は阪吹でそんな仲間を見つけられたと思っています。
阪吹の活動に力を注ぐことで、僕は周りのメンバーから多くのことを教わりました。たくさん支えてもらいました。励ましてもらいました。
僕もその恩返しをしたいと思い、特に最後の半年は自分より団員を優先して動きました。
自分勝手な僕がそうできたのは、仲間が見守ってくれたからでもあります。

阪吹は大所帯で、いろいろな考え方をする人がいます。そのなかで、自分がこの団にどういう貢献ができるかを考えて活動したら、共に支え合えるかけがえのない仲間が作れました。そしてそんな仲間たちと共に成長し、素晴らしい演奏会ができました。この経験は必ず今後活きます。

この団は魅力的な楽団です。
今後、新体制へと変わりますが、後輩たちもまた素晴らしい経験ができるように僕らOBOGはあたたかく見守って行きたいです。


長くなりましたがこれで最後にします。

僕はこの3年間の経験と、僕にこの役職をくれたことへの感謝を忘れない。
ありがとう。



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 22:38 | Comment(0) | 木セク

2016年11月28日

残り1ヶ月を切りました!

どうも、木セクのまあぼうなすです。

先週水曜、プレコンがありました。
プレコンとは、プレコンサートの略です。
定演の1ヶ月ほど前に、ちゃんとしたホールで行うリハーサルです。
この日初めて、定演で演奏する曲をすべて通しました。
OBの方々をお呼びして聞いていただき、貴重なご意見を頂きました。

このプレコンは、
・定演本番の体力ペース配分を考える
・広いホールでの響き方を確認する
・現段階での課題を発見する
だけでなく
・定演まであと1ヶ月ということを実感する
という節目の行事です。

そうなのです、あと1ヶ月を切ったのです。

定演に向けて、団員は気持ちが高まってきています。
特に三回生は、練習時間外でも時間を見つけてボイラーで個人練習をする人が増えました。
三回生はこの定演で引退。後悔のないように、と皆真剣に練習しています。
いい風潮ですね。

昨日は大学敷地内全域が市の計画停電の影響を受け、停電&断水でした。
そんな中でも、定演を真近に控えた私たちは暗い合奏場で合奏を行いました。
楽譜もはっきり見えないので合奏なんぞ無理では?と心配でしたが、
暗譜して指揮を見る、いい練習になりました。
指揮とズレまくる、というのがプレコンで見つかった課題の一つだったので、ちょうど良かったということで。
またいつもと違った雰囲気で行う合奏は、なんだかちょっと楽しかったです笑

個人的には
土曜は9時から幕前アンサンブルの練習のあと、阪吹の練習を夕方まで、昨日は朝から暗い合奏場で練習して、練習後も18時まで残って練習、さらに私は阪吹外で組んでるアンサンブルの練習が19:30頃からあって、ほんとにひたすら吹いていました。

もう身体がバキバキです。
高校生の時みたいには疲労回復がなかなか上手くいかないので、こんだけ吹いたら正直キツイです。
なので毎日ゆっくり熱い風呂に浸かることにしました。
一人暮らしでユニットバスなので相当狭いし面倒ですが。
これはすごく効果的です。

おすすめは、お風呂上がりに柔軟のストレッチをすることです。
楽器を吹くと背中・腰あたりが疲れます。
その背中を伸ばしてあげると、次の日に疲労が残りにくいです。
そしてたくさん寝ます。冬なので睡眠が捗りますね。←適当

はい。
長くなってしまいましたが、結局は
「定演まで1ヶ月切ったので、団員はみんな一層頑張ってるんやで」、って話でした。

是非定演、お越しください。


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 08:04 | Comment(0) | 木セク

2016年09月28日

「ホール練と係への感謝と絆と定演の宣伝について」

こんばんは。木セクのまあぼうなすです。
またうだるような暑さが戻ってきました。体調管理が難しいですね。

今日はこの暑い中、我々は普段の練習場所である大阪大学豊中キャンパスを離れて、山田ふれあい文化センターという小さなホールで練習しました。
先週に引き続き阪大での音出し禁止が理由です。
音出し禁止のせいで練習回数が少なくなり過ぎるのを防ぐために、今日は学外で練習したというわけです。

ホール練にはいくつかメリットがあります。
いつもより広い場所で合奏して響きを確認したり、いつもと違う環境に身を置くことで、ホールへの適応力を養ったりできる点です。
またマンネリ化を防ぐ一助にもなりますね。

ただ、我々はただホールに来さえすれば練習ができるわけではありません。
ホールは誰が予約するのか、楽器は誰が運搬するのか、など高校までは指導者に任せていたことを、私たちは自分たちでやっています。
ホールを予約する係、楽器を運搬する係というのがそれぞれあり、練習時間外でたくさん動いてくださっているおかげで我々はホールで不自由なく合奏できるのです。感謝。

もちろん他にもたくさん係があり、それぞれが責任持って仕事をしているおかげで、この大所帯の吹奏楽団は運営できています。
団員は互いの仕事に敬意を払い尊重し助け合いながら活動をしているはずです。

そういった小さな信頼関係の積み重ねが団員同士を深く結びつけることで、このサークルが有意義な活動となるばかりか、奏でる音楽の一体感も生まれるのではないかと思います。

12/24の定期演奏会まであと3ヶ月を切ってしまい、残りはあっという間だと思いますが
我々はこの3ヶ月で更に絆を深め、一体感のある感動的な演奏ができるように日々の活動に精進したいと思います!

定演お楽しみに!

以上、木セク教・教祖なすによる「ホール練と係への感謝と絆と定演の宣伝について」の講話でした。
次は一周回って正指揮者キクゾーです。


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 00:41 | Comment(0) | 木セク