2017年12月04日

like a blues singer

ちっす、木セクのう〜たん。です。初冬の侯、寒さがひとしお身にしみるころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕達はというと一週間ほど前にプレコンをしました!1部から3部まで全部通して演奏して、聴きに来てくださったOBの先輩方や指導してくださる先生にボッコボコに言われる闇行事…嘘です(笑)大変有意義なリハーサルのようなものですね。
全部通して練習することなんて普段無いし、サークルのメンバーやOBの先輩方に聴かれているととても緊張しますね。そういった中で演奏してみると嫌でも粗が出てしまうものです。阪吹のメンバーもきっと各々思うところがあると思います。定期演奏会までの間にそれぞれの課題をひとつずつ潰していい演奏会にできたらいいですよね。

さて、今回僕が紹介するのは定演4曲目「Boogie & Blues」です!
ブルースっていったら皆さん何を想像しますか?僕は金髪リーゼントで袖にいっぱいフリンジみたいなヒラヒラの長いヤツつけた白い服着てギター片手にうぉぉおう♪みたいなイメージなんですけど、違いますかね?この曲を指揮して下さる久保田先生曰く、ブルースはアメリカの演歌のようなもので超ソウルな感じなんだそうです。ジャズの兄弟的存在で、ブルーノートと呼ばれるスケールも出てきます。この条件だけ見ると、テナーサックス奏者である僕からするともう涎が垂れ流しになるくらい美味しそうな曲です。ああ、たまらんです。そう思っていざ譜面を開けてみるとそこには!

Slap-tongue (テンポ166~172 八分で刻んでね)

…shiねと。ちなみにスラップタンギングとは舌でリードを弾いてバチンと音を鳴らす特殊奏法です。むずいです。ははははは…ほんましばき回したろか。嘘です(笑)定期演奏会に向けてめっちゃ頑張ってます。本番楽しみにしておいてください!
でも、楽しくて美味しいのは本当で、なんと珍しいことにスタンドアップソロがあるんですよ!嬉しいです!楽しみです!(できるとは言ってない)
ただ、作曲者のロジャーさんは本当にマメな方で、ここにもよく分からないことが書いてあるんです。それがこちら

Solo,cantabile,like a blues singer. Stand up.

らいくあぶるーすしんがー…?ほう、そう来たか。なるほど、分からん。こんな指示は僕初めて見ました(笑)いや、言いたいことは何となく分かるんですけど、指示として書くのはすごいですよね。ただ、先ほど述べたとおり僕の中のブルースシンガー像は金髪リーゼントヒラヒラうぉううぉううぉうなのです。しかも立奏で表現するとなるとこれは…少し恥ずかしい…いや、なりきります。要するにソウルフルな感じで歌い込めばいいということですね。謳います。定期演奏会で僕のソウル、聴いてください。…ごめんなさい。やっぱり普通に演奏聴いてください。

そんな我ら大阪大学吹奏楽団の定期演奏会は!?
12/24のクリスマスイブ!
あましんアルカイックホールにて!
是非お越しください!!!


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 09:23 | Comment(0) | 木セク

2017年11月24日

目指せ-2kg

お久しぶりです。
秋といえば食欲の秋!副団長の稲造です。

近頃急に寒くなり冬の到来って感じですね…
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

秋から冬にかけて美味しいものが多く
「気がつけば体重が増えた…」「お腹が気になる…」
という人も多いのではないでしょうか?

ここで3つほど最近見つけたユニークなダイエットを紹介します!(唐突)
※1つとして稲造は試しておりませんので効果が期待できるかは知りません。ご了承くださいm(_ _)m

【1.チョコレートダイエット】
"食前か食後など、小腹が空いた時にチョコをちょこっと食べます。それにより代謝が上がったり食欲が抑制されます。"

チョコレート食べるだけならなんかいけそうですよね。

【2.貧乏ゆすりダイエット】
"ふくらはぎの筋肉を動かすことにより、血行促進、老廃物を流す効果があります。
貧乏ゆすりの運動量はウォーキングと同じ、またはそれよりも多いという結果が出ています。"

阪吹定演の休憩時間、
することがなくて暇だなぁ、という人はぜひお試しください。

【3.涙活ダイエット】
"週に1回程度2〜3分間泣くと脳がリラックスするため、ストレスが減り、やけ食いやドカ食いを防げます。"

いわゆるデトックス効果ってやつですよね〜
嬉し涙や感動の涙がいいみたいです。
泣くためには音楽を聞いたり映画を見るのが良いそうです。
個人的オススメはトゥーランドット


うーん、
色々紹介しましたがダイエットで心配なのはリバウンドですよね。
ん…リバウンド…リバウンド…??


そう!
2部最初の曲は「REBOUND」
タイトルのreboundとは(体重の)反動を意味します。なかなかの恐怖ですよね…。








ごめんなさい。
嘘です。笑


2部最初の曲は「RECOIL」
タイトルのrecoilとは銃を撃った時の反動を意味します。荒々しい主部と神秘的な中間部が対照的なかっこいい曲です。
"超個人的"オススメポイントはめっちゃかっこいい打楽器さんたちと奏者として乗っている正指揮者さんの小刻みに振動するキューティクルです。

長くなりましたが
12/24のクリスマスイブは
あましんアルカイックホールへ!!!!
お待ちしております(*^^*)
IMG_2438.JPG
稲造


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 21:53 | Comment(0) | 副楽団長

2017年11月19日

光エネルギーと音エネルギー

こんにちは、副指揮者のYZOです。
曲目についての話題ということで、僕は二曲目
John Mackey作曲「Aurora Awakes」についてです。

サマコンではFirework、定演ではAurora、と
空の風景を描写したような題材のものを扱ってきました。
そのためでしょうか。僕の合奏の時はいつも雨。
ある団員は言いました。「やっぱり室内でオーロラは無理なんだよ」と。

・・・・・・・果たして本当にそうなのか?

そもそものオーロラの原理を考えよう。
太陽からは「太陽風」と呼ばれるプラズマの流れが常に地球に吹きつけている。これが大気中の粒子と衝突すると大気粒子は励起状態(エネルギーが高い状態)になる。それが元の状態に戻るとき高まったエネルギーを放出して発光する。
これがオーロラである。至極簡単で単純なものである。

つまり!オーロラの発生原理に基づいて、状況を人工的に再現すれば、オーロラを発生させることができます!そう!室内でもオーロラは見られるんです!

・やり方
磁石を真空中に置き、プラズマを当てる。
…どうやって真空中に磁石置こう…プラズマとかないし…
そんなことしなくても我々はオーロラを作る術を持っていますね!

これまでの練習や曲への想いをエネルギーとして放出した時
きっと、ホールにオーロラが輝きます。
空で観測できるオーロラの色は3、4種類と言われています。
一方音のオーロラは50名以上の奏者によって奏でられます。
50色以上によって描かれる作品はどれほど神秘的なものになるでしょうか。


さて、今年のオーロラの見ごろは
12月24日の夕方から夜にかけて
アルカイックホールにて



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:05 | Comment(0) | 副指揮者