2018年05月13日

めいくいっとゆあせるふ 

こんにちは、正指揮者のYZOです。
GWが終わって一週間。そろそろ皆さんも普段の生活リズムを取り戻せてきた頃でしょうか。

5月12日にプレコンサート(プレコン)がありました。プレコンとは演奏会の約一カ月前に実際に本番を模して全曲通して演奏しようというものです。審査員兼お客さん役としてOBの先輩方をお招きして演奏会は始まりました。この演奏会の見どころとして先生曲を学生指揮がホールで代振りをするという最近阪吹においては珍しい試みがありました。ホールでの響きや位置関係、またポップスステージの流れの確認なども含め、2月から始めた練習の成果を本番までの中間地点として皆で把握することができました。

ところでプレコンって何のためにやるのでしょうか。
僕はプレコンとは「ただ全曲を通してみるだけのリハーサル」ではなく「自分の音楽を身体から出す練習」であると思っています。

学生の音楽団体において、本番の演奏が練習の時よりも何倍もよかったね!という話をよく聞きます。これは本番ならではの集中力も理由の一つではあると思いますが、「これでもう最後だ…!」とか「最後の一音まで楽しみたい…!」という熱い気持ちによるところが大きいのではないでしょうか。全員が、今まで磨き上げてきた自分の音楽を全力で表現しているというのは必ずお客さんにも伝わり、心を打つものがあります。

しかしこの理屈では別れの季節に行われる演奏会は例外なくブラボーな演奏会になり、全米が涙することになってしまいます。話はそう単純でもないようです。

もちろん本番がよくなったという話がある一方で、練習ではできていたのに本番では上手くいかなかったという話も往々にしてあります。いくら演奏会マジックがあったとしても自分の音楽を思った通りに表現するというのはそう簡単にできるものではありません。ましてや本番のあの瞬間にパッと作り出すことはできないのです。

このため僕は、本番を想定して自分を引き出す練習が必要であると考えています。ハイトーンの練習や連符の練習をして楽譜通り吹けるようになるだけではなく、自分は本番でどういう表現をしたいかなと理想の音楽を考えること、そしてどうすれば表現できるかなと工夫すること、それが練習に欠かせない要素だと思います。そしてそのアウトプットの仕方が身体にしみついていれば、きっと本番のあの瞬間に自分の内に秘めている音楽を学生ならではの熱い気持ちに乗せてホールに響かせることができるはずです。

そう考えるとプレコンはとても有意義なものです。
本番を最もイメージしやすい環境が整っています。
ここで全力をだして「自分はこう吹きたいんだ!」と思って演奏できた人は、きっと本番も満足いくものになるはずです。もし自分なりに吹いた結果、演奏が乱れてしまったのなら残り1カ月で少し修正すればいいだけのこと。技術が自分の音楽に追いついてくれればもう完璧ですね。
そんな風に前向きに考えていたらなんだか残り1カ月が楽しみになってきました。

さて、お気づきの通りこの記事では
「本番」と「自分」という単語が多く使われています。
長話になってしまいましたが、結局のところ

「本番」を作るのは「自分」のようです。


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 20:15 | Comment(0) | 指揮者

2018年05月10日

ワイン・ダーク・シー

こんばんは!副団長のかわちです。

GW明け、この時期の阪吹では、12月の定期演奏会に向けた選曲が行われています!

阪吹の選曲では、団員全員が好きな曲を応募することが出来ます。

僕達3回生にとっては最後の演奏会選曲という事で、僕も過去の演奏会曲目を見返したり、持っているCDを全部ひっくり返してみたり…渾身の一曲を選びました。他にもどんな曲が候補に上がるのか、今から楽しみです。


でも、定期演奏会より先にあるのが、、

そうですね。1ヶ月後に控えたサマーコンサートです!


新入生も迎え、„大阪大学吹奏楽団“として活動していく中で、本番でいい演奏をするっていうのは1つの目標だと思います。じゃあいい演奏って何でしょう?

多分これは人の数だけ答えがあるし、ぶっちゃけめんどくさいやつですね。


さてこの話、僕としては、阪吹で

“自信を持ってお届けしております”感のある演奏が出来たらいいなと思っています。


これは3月末に僕が大阪の某高校の演奏会を聴きに行った時に感じた印象です。(今回のタイトルともちょっと関連しますね笑)

その高校は吹奏楽強豪校だったので、演奏も勿論上手だったんですが、それ以上に、部員が本当に楽しそうに、自信満々に演奏する姿に感動させられました。化粧品か何かのCMじゃないですが、まさに、“自信を持って演奏をお届けしております!“みたいな感じ。

あれだけ胸を張って演奏出来たらきっと楽しいだろうなあ、最後の方はステージの奏者が羨ましくてたまりませんでした。それ以来、その演奏会は僕の中での1つの目標になっています。


(もう少し続くよ)


ここで阪吹の話に戻りましょう。

高校までと違って、大学生は自由です。サークルである阪吹にも色々な団員がいます。楽器こそが人生!!演奏に全力投球!な人もいれば、他のサークルと掛け持ちしてる人もいます。バイトや学部の勉強が忙しい人もいるでしょう。

楽器の演奏技術にしてもそうです。中高でのブランクがある人もいれば、大学から新しい楽器を始めた人もいます。(僕もそのクチ)

いろんな立場の人がいて、いろんな考え方があって、それを140人弱引っくるめたのが阪吹。そこが面白いなあと思います。全員が全員同じ方向向いてたら面白くないもんね。


みんな色んなコンディションの中であと1ヶ月。それぞれが使える時間とキャパの中でやれる事をやり切って、

サマコン本番の舞台で

「私(僕)はこれだけ頑張ってきたんだぞ!」って全員で自信を持って演奏出来たら良いなあと思います。まずはそれから。


身内向けの話で長々とすいません。

まあ要するに、あと1ヶ月、気張らず焦らず頑張ろう、っていう話でした。

各係の人達もいつもありがとう。1ヶ月後きっと良いものになります。



[いつも阪吹を応援して下さっている方々へ]

頼りになる新入生を迎え、新体制として再スタートした阪吹。サマコンに向け仕上がりは上々です。各指揮者のこだわりが見えるシンフォニックステージ、今までにない選曲のPOPSステージ。どれもメチャクチャカッコいい曲ばかりです。

ここ数年のサマコンと比べても、今年は過去最高の演奏会になると確信しています。

あと1ヶ月、団員一同邁進して参ります。

6月10日、豊中の新しいホールにて皆様のご来場をお待ちしております。是非お越し下さい。


文責 副団長 かわち



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 21:23 | Comment(0) | 副楽団長

2018年05月05日

GWですね

こんにちは!
副団長のよもぎです。
GWです。4月からの新たな生活も落ちついてきた所でのお休みは嬉しいですね!
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

''GW''と見て、素直にゴールデンウィークと読む方もいれば違う読み方をする方もいるのではないでしょうか…

IMG_20180505_123323-fb90d.jpg

以前、木セクの煎茶くんが紹介してくれていましたが、明日、GW最終日の5/6(日)にKing's Gambit Wind Orchestraの第6回定期演奏会が行われます!
ゴールデンウィークの4/29,30,5/3,4,5が練習、そして5/6の本番ということで、''Gambit Week''となっています…!

私も出演致しますが、おすすめはやはり「交響曲第八番『マヨルカ島の山々』」ですね。尊い…!
詳しく知りたい方はぜひギャンビットのホームページの曲紹介のページをご覧ください。

4曲というとても聴きやすいプログラムとなっております。GW最終日は音楽鑑賞などいかがでしょうか?

ほとんど宣伝になってしまいましたが、皆さま素敵なGWをお過ごしください!


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 18:59 | Comment(0) | 副楽団長