2019年12月21日

みんなに、ありがとう。

こんばんは。団長の船蔵です。明日はいよいよ私たち50期生にとって最後の定期演奏会です。
もはやここへきて多く語ることはありませんが、この場を借りて、改めて皆様にお礼申し上げたく思います。

先ず、幹部としてともに一年間活動した卍、瀧、けぷらー、あうる、高森、まさこへ。本当にしんどい時期もありましたし、他の団体などと意見が合わず苦労もありましたね。そんな状況でも途中で投げ出したり余計な気を遣ったりしない人たちで、率直な意見交換ができたことを嬉しく思っています。このメンバーを僕は誇りに思います。今まで本当にありがとう。

そして団員のみんなへ。僕はこの団の音楽的なオモシロさに貢献することはなかなか出来ないので、なにか別のやり方でみんなが笑ってくれたらいいなと思ってやってきたつもりです。ですが、むしろ僕の方がみんなの笑顔に助けられました。また、団がより良くなっていくための意見もたくさんもらいました。
今まで僕を支えてくれてありがとうございました。明日まで、僕に出来ることをやり切ります。頑張ろうね。

そして、阪吹OBOGをはじめとする、阪吹を応援してくれている皆様。阪吹の合奏を見てくださったり、イベントを紹介してくださったり、そして演奏会を聴きに来て下さったり...様々なシーンで阪吹の励みとなって下さりました。本当にお世話になりました。明日はぜひお越しになって、声をかけさせてください。

これまで自分が団長として取り組んできたことを思い返すと、どれだけ自分が支えられているかをひしひしと感じます。ここに挙げきれなかった皆様も含め、これまで本当にありがとうございました。

どんだけお礼言うねんという趣ですが、それだけ感謝しております。言い足りないくらいです。

さて、明日はチョー大切な本番の日ですから、そろそろ失礼させていただこうかと思います。難しい曲ばかりで、演奏中はかなり集中していなければいけません。でも明日はどうしても色々考えちゃうだろうなあ...


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:06 | Comment(0) | 楽団長

2019年12月20日

特等席

僕のLINEには「正指揮」というグループがあります。阪神国公立大学吹奏楽連盟(通称:六大)の同期の指揮者のグループです。このグループにいる6人のうちもうすでに3人は定期演奏会を終え、引退してるわけです。

明日21日に大阪市立大学コンサートバンドの定演があり、22日に私たちと大阪教育大学吹奏楽部の定演があるので、22日をもってこのグループは「正指揮」から「ただの人」へと名前が変わるんだなあという話をしていました。


同期の指揮者の引退を目の当たりにしてから「引退」という2文字はなんだかおっかなく感じています。

まだ、この定演が最後なんだという実感はありませんが、きっと終わった後からしみじみと感じてくるのでしょう。でも思い返せばいろんなことがあった3年間でした。


合奏の進め方がうまくいかないこともあった。体調を崩した時もあった。うまく予定を立てられなかった。心を開いて相談するのを躊躇ってた。合奏で人を傷つけるようなことも言った。

後悔することは数え上げたらきりがないです。


でも、感謝することはもっときりがないと思います。

特に仕事の面では迷惑をかけることが沢山ありましたが、幹部をはじめいろんな方々が支えてくれました。忙しい中合奏に来て、まっすぐこちらに音を出してくれる阪吹のメンバーの存在。本当に大きかったです。

「先輩の合奏、とても楽しいです!」

4月に入ってきた1回生のある子がとびきりの笑顔でこんなことを言ってくれて、僕にとってはすごく励みになりました。

思うような音が出なくて考え方が卑屈になってた時に、団長はじめとしたいろんな方が話を聞いて前向きにことを進めようといてくれました。


そんな暖かい仲間に恵まれながら定演ができることを、今はとても誇りに思います。


今日で定演前の授業が終わりました。

この3日間は、自分がこの場にいられて幸せだという思いと僕が棒を振って音を出してくれる阪吹のメンバーへのありがとうの思いを大切にして過ごそうと思ってます。




僕は本番をとっても楽しみに感じてます。指揮者としては、みんなの音がどう化けるか間近で聞けるのがワクワクしてたまりません。まあ、アマチュアなんで多少技術がどうこうあるとは思いますが、それ以上にみんなの思いが音に乗った演奏会ができると思っています。


一つ、今回の演奏会で目標にしてることがあります。


それは、「本番の舞台上で全員の顔を見ること」


サマコンの時にもやろうと思いましたが、中々気が回らなかったこと。

130人の顔を見るというのは簡単そうですが(今まで無意識にできてたかもしれないが)意識してみると案外難しいんじゃないかなと思います。


一生懸命に取り組む人の姿は美しい。

ベタな小説にありそうなメッセージですが、これは本当にそうだと思います。

演奏中、楽器を一生懸命吹いているみんなの顔。必ずしも写真うつりは良くないかもしれませんが、心には美しくうつります。


全員の顔を見ることは奏者にはできない。いや、全員の顔を間近で見るとなると、客席からでも無理でしょう。指揮台からしか見ることのできない、指揮者だけの特権です。

聴きにきてくださる方々には悪いですが、今回の演奏会の特等席は僕が頂きます。


E18B506B-E772-472C-89C8-9095F5262B8C.jpeg


正指揮者 KENJI 卍 


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 16:42 | Comment(0) | 指揮者

2019年12月19日

お待ちしております!

こんにちは、副指揮者の瀧です。


いよいよ定演も今週末となりました!是非ご来場ください!お待ちしております!




さて、僕は今週末の定演をもちまして、副指揮者ではなくなります。来シーズンからは平団員に、、ではなく、なんと正指揮者になります。全然実感が湧きません。名乗るのもおこがましい気分です。、、とはいってもその時はもうすぐに来てしまいますね、つべこべ言わずに頑張ります。




この一年は副指揮者として団員の前に立ちましたが、皆さんのことをたくさん振り回してしまいました。明らかに僕より優れている方ばかりで動じてしまい、毎回グラグラした立ち振舞いで合奏していたかと思います。本当にすみません。しかし、皆さんのおかげで僕は様々な大切なものを得ることができました。それはこれからもう1年阪吹で指揮者をやっていく上で大切なことばかりです。本当にありがとうございます。




その得られたことを胸に秘め、この1年間僕と音楽を作ってくださった皆さんへの感謝を込めて、今週の日曜日は舞台に立とうと思います。




ありがとうございま、、いやまだ本番は終わっていないですね、残りの日々もよろしくお願いします!




1222日(日)は長岡京へ!!

E18B506B-E772-472C-89C8-9095F5262B8C.jpeg



posted by 大阪大学吹奏楽団 at 13:31 | Comment(0) | お知らせ