2017年04月20日

忘却との闘い

今回の題名、これは先日副指揮者君と話していてふと思い付いたキーワードです。

私たちは常に何かを"記憶"することに追われています。今日の合奏なんだっけ、あしたのよていは、、、1回生の皆さんも、やっと入試を終えて大学に入ったのに、また新しい知識を頭に詰め込まれているのではないでしょうか。

一方で、"忘れたい記憶"なんてものもありませんか?僕はたくさんあります。とてもこんなところじゃ書けないような黒歴史、誰しも少しは持っているものでしょう。

「オブリビエイト」ということばはご存知ですか?これはハリーポッターの2作目「ハリーポッターと秘密の部屋」で初めてでてきた"記憶消去"の呪文です。原語で書くと"Obliviate".ラテン語で"忘れる"という意味の"Oblivisci"に英語の"-ate"という動詞語尾をくっつけた造語です。

こんなことを何故か覚えてしまっているわけです。僕はハリーポッター大好きですが、こんな呪文のことまで覚えるのは、"ことば"の世界に無理矢理でも関連付けたからなんですね。

何かに関連付ける。こうすれば少しは覚えやすくなるし、思い出すきっかけを増やせるのかなと思っています。

というわけで!本日みなさんに覚えて帰ってもらいたいことは2つ。

1.入団日は4/22(土)、女性指揮者 西本智実さんの誕生日です。
午前10時から学生会館集会室6でお待ちしてますので、入団希望の方はお越し下さい。

2.サマーコンサートは6/11(日)、薔薇の騎士で有名なリヒャルト・シュトラウスの誕生日です。
お客様の"記憶に残る"演奏会に仕上げます。ぜひご来場下さい。

ごるぞー


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 14:35 | Comment(0) | 指揮者

2017年04月17日

日本の春といえば…

そう、ラーメンですよね!()団長の夏目漱石です!
ラーメンは中国から輸入した文化ですが、日本の中で独自に発展し、もはや日本のソウルフードと言っても過言でないものになっています。

というわけでラーメン大好きな僕が大阪に来て一番うまいと思ったラーメンを紹介します!

所は十三、駅から徒歩数分の所にあるのは
「くそオヤジ、最後のひとふり」というラーメン屋です。名前から受け取るプライド高い入りにくいラーメン屋の印象とは全く異なり、内装はラーメン屋とは思えないほどおしゃれ。
中に入ると店員さんが愛想よく接客をしてくれます。ここまででもうすでにリピーターになること間違いなしですが、やはりラーメンが本当にうまい!
この店は「貝ラーメン」をメニューとして出していて、しじみラーメン、あさりラーメン、ハマグリラーメンの三種類があります。醤油ベースですが、濃口や薄口などそれぞれのラーメンにあったブレンドにしているため、どのラーメンを選んでも新しい感動が訪れること間違いなし!今日はこの中でもあさりラーメンについてレポートしたいと思います!

薄口と濃口を程よくブレンドしたものをベースに貝のダシが惜しみなく使われ、香りだけで僕らを海へと連れていってくれます。スープの味も最高です!麺は少し平ための麺を使っていてスープとの相性は抜群。それに加え、器から溢れんばかりのチャーシューがよりラーメンを引き立てます。このチャーシューが黒胡椒でしっかりと味付けされており、これだけでも飯が捗ること捗ること。
ラーメンを楽しんだ後は、数量限定の貝飯をどうぞ。貝の風味が優しくご飯に味付けをしています。

どれをとっても最高のラーメン屋です、是非一度行ってみてください!

店舗情報らこちら


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:55 | Comment(0) | お知らせ

2017年04月10日

見学のすゝめ

こんばんは。副指揮者のYZOです。
4月8日はサークルオリエンテーションでしたね!
演奏や楽器体験、お茶会などを通して阪吹ってどんな団体なのか、少しでも肌で感じることができたでしょうか?
サーオリで演奏した曲のうち「The Ringmaster's March」「Shall we dance?」は阪吹に入団すればもれなく先輩たちと一緒に演奏することができます。
あんな楽しい曲を入団してすぐ吹けるなんて・・・
なんてお得なのでしょう。これは入るしかありません。

演奏は聞けたけど普段の活動がわからないよ、という方に情報です。阪吹は基本的に
火曜日と木曜日の17:00〜20:00、土曜日の10:00〜16:00
を練習日として設定しています。
この時間にボイラー(楽器体験をした場所)や集会室6(演奏会があった場所)に来ていただければ、練習を見学したり、先輩に話を聞くことができます。
団員に言っておけば練習場で楽器を吹くこともできます。
IMG_8054.JPG

見学は大事です!(個人の見解)
実は僕が入学した去年の今頃、阪吹に入るかどうか迷っていました。
でも、友達の付き添いのような形で何度か見学に来ていると、次第に阪吹の団員や雰囲気に魅力を感じていつのまにか入ろうと決心していました。今思えばそう決心できて本当に良かったです。いつぞやの某正指揮者さんに感謝です。

新入生の皆さんも、見学をしたり団員の話を聞いていると自分が知らなかった阪吹の魅力というものがきっと見つかると思います。阪吹に入ろうと思っている人はもちろん、迷っている人、うーんどうだろうと思っている人も是非おこしください。その一歩があなたのキャンパスライフをがらりと変えることになるかもしれません。

聞かざるは之を聞くに若かず。
之を聞くは之を見るに若かず。
之を見るは之を知るに若かず。
之を知るは之を行うに若かず。  (荀子)


posted by 大阪大学吹奏楽団 at 23:20 | Comment(0) | 副指揮者